シンニチ保険WEB

MS&ADホールディングス、三井住友海上による米ドル建永久劣後特約付社債の発行

MS&ADホールディングスおよび三井住友海上は、財務健全性の向上と、成長戦略をはじめとする各種施策遂行のための資本バッファーの拡大を図ることを目的として、米ドル建永久劣後特約付社債(利払繰延条項付)の発行を決定した。
(1)発行体:三井住友海上火災保険株式会社
(2)社債の種類:米ドル建永久劣後特約付社債(利払繰延条項付)
(3)発行総額:9.1億米ドル
(4)発行価格:額面金額の100%
(5)利率:2029年3月6日まで年4.95%(固定金利)2029年3月6日以降固定金利(ステップアップあり・5年ごとにリセット)
(6)償還期限:定めなし(ただし、発行日の10年後の応当日およびそれ以降5年を経過するごとの各日に、監督当局の事前承認等を前提として、発行体の裁量により繰上償還可能)
(7)優先順位:本社債の保有者は、発行体の清算手続等において、上位債務に劣後し、発行体優先株式(発行体が今後発行した場合)および発行体同順位証券の保有者と実質的に同順位として取り扱われ、株式に優先する。
(8)募集方法:米国、欧州およびアジアを中心とする海外市場における募集
(ただし、米国においては1933年米国証券法に基づくルール144Aに従った適格機関投資家に対する販売のみとする。なお、日本国内での募集は行わない。)
(9)上場:シンガポール証券取引所上場
(10)払込期日:2019年3月6日

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、株式会社カネカが発行する「グリーンボンド」へ投資

損保

三井住友海上女子柔道部・新井千鶴選手と玉置桃選手が「2019世界柔道選手権東京大会」日本代表として出場、男女混合団体戦で金メダル獲得

損保

東京海上ホールディングス、自己株式を取得

損保

MS&ADホールディングス、あいおいニッセイ同和損保、国内劣後特約付無担保社債の発行に係る条件を決定

生保

明治安田生命、「スチュワードシップ活動の状況について」を公表

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、「スマホ決済事業者総合補償プラン」の販売を開始

損保

SOMPOホールディングス、自己株式の取得状況および取得を終了

損保

三井住友海上、アドバンスクラブとドコモ「防災及び災害対処活動に関する相互協力協定」を締結

損保

三井住友海上、「北海道マラソン2019」で道下美里選手が優勝、熊谷豊選手が2位

生保

第一生命、丸紅アセットマネジメント㈱とのEコマース等向け物流施設を共同開発