新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、中京銀行の住宅ローン債務者向けに、住宅ローン返済保障の提供を開始

あいおいニッセイ同和損保は、2019年1月より、中京銀行の住宅ローンを利用になるお客さまに、住宅ローン返済保障(個人ローン債務免除費用保険)の提供を開始した。同社は、今後、本取り組みを他地域へも拡大していく。
東日本大震災後、二重ローン問題対策制度※1が発足したことで、住宅ローン等債務者は自己破産手続によらずに、債務者との合意に基づき、債務の減免を受けられるようになった。しかしながら、被災された住宅ローン債務者の中には、避難時の生活資金やその他緊急支出に困窮する人や、改修費用、新築費用のための新たな借り入れが必要な人がいる。本商品に加入のお客さまは、地震や台風、豪雨などの自然災害によって住宅ローンの対象建物が罹災し、「全壊」「大規模半壊」「半壊」の損害を被った場合※2に、ローン債務の一部が免除されることから、住宅ローン返済資金を生活資金等へ充てることや二重ローンリスクの軽減を図ることができる。
2018年は大阪府北部地震、北海道胆振東部地震、西日本豪雨、台風21号・24号と大規模自然災害が相次ぎ、多くの人が被害を受けた。同社はこのような大規模自然災害発生時における損保事業の社会的責任を果たすため、今後も引き続き、地震保険等の普及活動をはじめとして、お客さまにより一層の安心と満足が届くような商品・サービスの開発に取り組んでいく。
※1
二重ローン問題対策制度:東日本大震災に対応する「個人債務者の私的整理に関するガイドライン」、および2015年9月2日以降に生じた災害救助法の適用を受けた災害に対応する「自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン」
※2
「全壊」「大規模半壊」「半壊」の認定は市町村等公の機関が発行する罹災証明書に基づく
【保障概要】
・対象とするローン:株式会社中京銀行の住宅ローン
・対象とする危険:自然災害(地震、水災、風災、雪災等)
・債務免除となる期間:全壊(24か月)、大規模半壊(12か月)、半壊(6か月)

関連記事(保険業界ニュース)

損保

楽天損保、自動車保険の商品ページに「10秒かんたんお見積り」を導入

損保

大同火災、那覇市消防局と連携し「住宅用火災警報器の普及促進」および「地震火災の啓発」の取り組みを実施

損保

SBI損保、「愛媛銀行×SBI損保実額補償がん保険」取り扱い開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、女子プロゴルファー・菅沼菜々選手が100万円を日本パラスポーツ協会へ寄付

損保

あいおいニッセイ同和損保、東北大学、宮城県富谷市、仙台放送と「眼の機能」と「運転技能」の関係性を実証する新たなプロジェクト開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、業界初『AIファンド予測サービス』開始

生保

住友生命、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の「運営管理機関手数料無料コース」発売

生保

三井住友海上あいおい生命、新商品「&LIFE介護保険C(ケア)セレクト」発売および「MSAケア」の新サービス導入

損保

楽天損保、「楽天保険の総合窓口」「楽天市場」の対象の家電製品購入者向けに「楽天超かんたん保険 長期修理プラン」を提供開始

損保

三井住友海上、凍結卵子専用保険の提供開始

関連商品