新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

SOMPOホールディングス、タイのロンガン農家向け『天候インデックス保険』販売開始

SOMPOホールディングスの子会社である SOMPO Insurance Thailand Pcl.(以下「SOMPOタイ)」)は、主に農業従事者向けの融資を行うタイ農業協同組合銀行(Bank for Agriculture and Agricultural Cooperative (以下「BAAC」))とともに、タイで初めてロンガン農家向けの『天候インデックス保険』を2月中旬を目処に販売を開始する。
タイでは、近年の気候変動によって極端な干ばつなどの自然災害が発生しており、農家では事業の安定化が課題となっている。SOMPOタイは、2010年からBAACと連携し、タイの東北部の稲作農家向けに天候インデックス保険を販売してきた。
近年、タイにとって主要輸出農業作物であるロンガンも干ばつリスクにさらされており、タイ政府は、ロンガン農家の安定的成長のため、保険活用も含めた経済的支援策を検討してきた。
SOMPOタイは、稲作農家向けの天候インデックス保険の販売ノウハウを活かすと同時に、SOMPOホールディングスの主要海外事業会社である SOMPO International Holdings Ltd.(以下「SIH」)が立ち上げた統合プラットフォームである「AgriSompo」※を通じて技術提供を受けることにより、人工衛星データを活用したロンガン農家向けの『天候インデックス保険』を開発した。
※ AgriSompo:世界各国のマーケットニーズに応じた農業リスクマネジメントソリューションを提供するために、農家・農業事業者、農業保険を取り扱う保険会社に対して、統一的な基準で保険引受 (アンダーライティング)をし、一連の商品に対する専門知識と技術を提供することを目的にしてSIHが2017年11月に立ち上げた新統合プラットフォーム。北米、ヨーロッパおよびオーストラリアの農業マーケットにおいて保険、再保険および天候デリバティブ(天候インデックス保険)など幅広く提供しており、現在は南米およびアジアの主要な農業マーケットに拡大している。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

アクサ生命、『ユニット・リンク』シリーズの特別勘定を拡充

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、監査等委員会設置会社を移行

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、役員の処分を発表

損保

SOMPOホールディングス、4月1日付組織変更

損保

三井住友海上、運転請負プラットフォーム専用保険の提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、【国内初】生成AIのリスクを補償する「生成AI専用保険」の提供開始

生保

日本生命、ペアローン利用者向け団体信用生命保険を10月発売

生保

ジブラルタ生命、変額保険(有期型)を発売

損保

楽天損保、自動車保険の商品ページに「10秒かんたんお見積り」を導入

損保

大同火災、那覇市消防局と連携し「住宅用火災警報器の普及促進」および「地震火災の啓発」の取り組みを実施

関連商品