シンニチ保険WEB

ソニー損保、「先進医療保険金 医療機関あて直接支払サービス」の対応医療機関を追加

ソニー損保は、「先進医療保険金 医療機関あて直接支払サービス」に対応する医療機関を追加し、同サービスに対応する医療機関を20ヵ所とした。
「先進医療保険金 医療機関あて直接支払サービス」は、技術料が全額自己負担となる先進医療の中でも、特に高額となる「陽子線治療」および「重粒子線治療」について、ソニー損保から医療機関に直接保険金を支払うサービスである。今回の対応医療機関の追加により、2019年2月時点で先進医療として「陽子線治療」「重粒子線治療」を行っているすべての医療機関で、同サービスの利用が可能となる。(*1)
先進医療は、公的医療保険が適用されていない新しい治療法のうち、厚生労働大臣が公的医療保険診療との併用を認めた医療技術で、技術料は全額自己負担となる。先進医療保険(*2)は、先進医療による治療を受けた場合に、技術料と同額を通算2,000万円まで保障することで経済的負担を気にせず治療に専念できるようにするものであるが、通常の保険金支払方法では、お客様が一時的に技術料を立替える必要がある。
このお客様の一時的な経済的負担を軽減するため、「陽子線治療」および「重粒子線治療」については、「先進医療保険金 医療機関あて直接支払サービス」により、ソニー損保が医療機関に直接保険金を支払う。(*3)
(*1) 厚生労働省が公表する、「先進医療を実施している医療機関の一覧(平成31年1月1日現在)」より、ソニー損保調べ。
(*2) ソニー損保が販売する医療保険「入院実費型の医療保険ZiPPi〈ジッピ〉」「ガン重点型の医療保険SURE〈シュア〉」のいずれも、先進医療の保障を付けることができる。
(*3) 「先進医療保険金 医療機関あて直接支払サービス」の利用は任意のため、お客様が先進医療保険金を受取ることも可能。なお、同サービスの対象となるのは、先進医療の「陽子線治療」と「重粒子線治療」の技術料のみである。そのほかの先進医療、および、入院・手術などの治療費等については、お客様から医療機関に支払う必要がある。また、同サービスの利用にあたっては一定の条件があるため、お客様には、治療開始前のソニー損保へ問合せが必要である。
◆今回追加した医療機関
・成田記念陽子線センター
所在地 :愛知県豊橋市
治療方法:陽子線
・社会医療法人高清会 高井病院
所在地 :奈良県天理市
治療方法:陽子線

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、「新電力入札支援サービス」の提供開始

損保

三井住友海上、公立大学法人向け「団体役員賠償責任保険」制度を創設

生損

共栄火災、富国生命、フコクしんらい生命、全信懇「第39回信用金庫PRコンクール」入賞作品を決定

損保

SBI損保、遠州信用金庫によるがん保険取扱い開始

損保

楽天損保、「楽天トラベル」登録宿泊施設向け「楽天トラベルお宿の保険」を2月18日より販売開始

損保

東京海上日動、全国のファミリーマートで「ちょいのり保険(1日自動車保険)」を販売開始

生保

PGF生命、第四銀行で介護保障付一時払特別終身保険(米国ドル建)を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、千葉銀行を通じ、『悠々時間アドバンス(円建/米ドル建/豪ドル建)』、『年金新時代』を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、香川銀行を通じ、『悠々時間アドバンス2』を販売開始

損保

三井住友海上とヤフー、「ヤフオク!」での商品購入時にワンストップで加入できる「ヤフオク!修理保険」の提供を開始