新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

AIG損保、個人情報漏洩保険の特約を改定

AIG損保は、個人情報漏洩保険の特約「サイバー攻撃対応費用特約」を改定*し、2月5日より販売を開始する。
本特約は、企業が標的型メール攻撃や不正アクセスなどのサイバー攻撃にあった際、パソコンやサーバーなどのハードディスクを解析し不正アクセスや情報漏洩の影響範囲を調査するためにセキュリティ・コンサルティング会社が行うデジタル・フォレンジックなどの初期対応時の調査費用を補償するものである。同社は2012年に、主に中堅・中小企業に向けた個人情報漏洩保険の特約として本特約の販売を開始しましたが、巧妙・複雑かつ大規模化するサイバー攻撃により高額化する調査費用への対応や、セキュリティ専門家への調査依頼をより迅速に意思決定したい、といったお客さまの声を受け、保険金額を1,500万円に引き上げ、被保険者の自己負担額をなしとする改定を実施した。
◆【本特約の特長】
・(New)高額化するデジタル・フォレンジックなどの調査費用への対応のため保険金額を1,500万円に引き上げ
・(New)免責金額や自己負担割合などの被保険者の自己負担額なし
・サイバー攻撃を受けた場合、「セキュリティ・コンサルティング会社」を同社から案内して、サイバー攻撃に対する初期対応をサポート
・外部からの通報によりサイバー攻撃が発覚するケースの割合が大きいことから、業務委託していないセキュリティ会社、クレジットカード会社などの外部からの通報によるサイバー攻撃も補償対象
*2019年4月1日保険始期分より

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、凍結卵子専用保険の提供開始

損保

損保ジャパン、中小企業や個人事業主向けウェブ完結型保険商品の提供を開始

生保

日本生命・大樹生命、初の共同開発商品・平準払外貨建養老保険「ドリームツリー」発売

生保

T&Dフィナンシャル生命、変額終身保険(災害加算・Ⅰ型)「ハイブリッド おまかせ ライフ」を開発販売

生保

太陽生命、太陽生命少子高齢社会研究所が実施する「音声データを活用した要介護リスクの早期発見AIの開発」が、厚労省実施の「中小企業イノベーション創出推進事業」に採択

生保

ライフネット生命 自治体のパートナーシップ証明書の提出でも同性のパートナーを死亡保険金の受取人に指定が可能に

損保

あいおいニッセイ同和損保、訪問看護事業者向けに自転車事故時の示談交渉費用を補償

生保

第一生命、ペアローン利用者の連生団体信用生命保険の取扱開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、三井住友銀行・SMBC日興証券を通じ、『賢者の終身保険』を販売開始

生保

PGF生命、みずほ銀行で「きずなの終身」を販売開始

関連商品