シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、防災に関する情報提供Webコンテンツを開設

あいおいニッセイ同和損保は、2018年12月から、公式HPに防災に関する情報提供 Web
コンテンツ、「タッフィー&ハッピーと一緒に防災について学ぼう!」(URL:https://ad-bousai.jp/)を開設した。デザイン QR コードから簡単にアクセスでき、「防災・減災」に向けて必要な情報をわかりやすく伝えている。
近年、大規模自然災害が多発しており、日本各地に甚大な被害をもたらしている。同社は、万が一の災害に備える保険商品・サービスを提供するだけではなく、災害によるお客さまの被害を「未然に防ぐこと」、災害発生時の被害を「最小限にとどめること」も保険会社の社会的使命と考えている。そこで同社は、幅広い年令の方々に「防災・減災」に関する情報を知り、関心を高めていただきたいという思いから、本Webコンテンツを開設した。
●Webコンテンツの概要
(1)概要
・「地震・津波・噴火(火山)・竜巻・集中豪雨・大雪・台風・火災・落雷」の9つの災害に関する情報を、「災害が起こると」「備えておこう」「いざというときには」の3つのステップに分け、各災害固有の情報として掲載している。
・「防災備蓄・災害時の心がけ」として、いざというときの家族間での安否確認方法やライフラインが止まった場合の生活用品の備蓄など、各災害に共通する情報を掲載している。
(2)対応機種
スマートフォン/タブレット/PC 等、マルチデバイスに対応している。
●特長
(1)Web コンテンツへ簡単アクセス
スマートフォン・タブレットを利用の場合、簡単に利用できるように、デザイン QR コードを作成した。デザイン QR コードは、各商品パンフレットに順次掲載を予定している。
(2)「防災・減災」に向けて必要な情報をわかりやすく伝えるサイト設計以下の3つのステップに分けて、わかりやすく伝えている。
また、閲覧したい箇所にすぐ遷移できるよう、各災害ページのトップにステップごとのリンクを配置している。
・ステップ/「防災・減災」に向けて必要な情報
1.災害が起こると/災害が発生した場合の影響
2.備えておこう/災害発生前に対応すべきこと
3.いざというときには/災害発生後に対応すべきこと
(3)親しみやすさのあるデザイン
同社商品ブランド“TOUGH(タフ)”のマスコットキャラクター「タッフィー&ハッピー」のイラストを用いて、親しみやすく、読みやすいデザインとしている。
同社では、今後もお客さまのニーズに合った保険商品・サービスの提供を通じて、安心・安全な社会づくりに貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、夏に関するアンケート調査を実施

損保

三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保が「保険料スマホ決済サービス」を開始

損保

三井住友海上、遠隔健康医療相談サービス「産婦人科オンライン」を導入

生保

住友生命と三井住友DS、共同でセミナーメニュー「保障と積立の上手な活用法」を開発

損保

あいおいニッセイ同和損保、事故対応業務に有人チャットサービスを導入

損保

あいおいニッセイ同和損保、べルマーク200万点を被災地の学校へ寄贈

生保

SBI生命、山口フィナンシャルグループとの共同開発による団体信用生命保険「ウェブ申込み」を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、HDI公開格付け調査「問合せ窓口」格付けで最高評価の「三つ星」獲得

損保

あいおいニッセイ同和損保、データサイエンティストの育成・採用を強化

損保

損保協会、6月下旬からの大雨に伴う特別措置(自賠責保険)の実施