シンニチ保険WEB

三井住友海上、チャットボットによる照会応答サービスの提供を開始

三井住友海上は、12月3日(月)から、チャットボット(※)による照会応答サービスの提供を開始する。
本サービスは、AI(人工知能)を活用し、同社オフィシャルサイト上で24時間365日、お客さま
からの問い合わせに自動応答するサービスである。デジタル化の進展等、社会環境が急速に変化する中、新たなコミュニケーションツールの提供を通じて、お客さまの多様なニーズに合った対応を実現し、お客さま体験価値の向上につなげていく。
なお、本システムの導入には、富士通が提供する「CHORDSHIP」の技術を活用し、MS&ADシステムズがプロジェクト管理を行った。
(※)チャットボットは、「対話(chat)」と「ロボット(bot)」という二つの言葉を組み合わせたもので、AIを活用した「自動会話プログラム」のことである。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SOMPOホールディングス、アジア太平洋地域の成長戦略、訪日旅行者向け海外旅行保険の新商品「Go JAPAN by TravelJoy」の発売およびデジタル/AIを活用した新たな取組みについて発表

損保

三井住友海上女子柔道部・新井千鶴選手と玉置桃選手が「2019世界柔道選手権東京大会」日本代表として出場、男女混合団体戦で金メダル獲得

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、「スマホ決済事業者総合補償プラン」の販売を開始

損保

三井住友海上、アドバンスクラブとドコモ「防災及び災害対処活動に関する相互協力協定」を締結

生保

アクサダイレクト生命、Webチャットにおいてロボットアドバイザーとカスタマーアドバイザーが連携応対

朝日生命、ヘルスケアエンターテインメントアプリ「kencom×ほけん」をすべてのお客様向けに提供開始

損保

三井住友海上、「北海道マラソン2019」で道下美里選手が優勝、熊谷豊選手が2位

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、インド・マックス生命とMFS社における株式の交換および一部を売却

生保

大同生命、「DAIDOHeart@LINE」を導入

損保

東京海上日動、SNSを活用した新たな保険加入の仕組みを構築