シンニチ保険WEB

三井住友海上、チャットボットによる照会応答サービスの提供を開始

三井住友海上は、12月3日(月)から、チャットボット(※)による照会応答サービスの提供を開始する。
本サービスは、AI(人工知能)を活用し、同社オフィシャルサイト上で24時間365日、お客さま
からの問い合わせに自動応答するサービスである。デジタル化の進展等、社会環境が急速に変化する中、新たなコミュニケーションツールの提供を通じて、お客さまの多様なニーズに合った対応を実現し、お客さま体験価値の向上につなげていく。
なお、本システムの導入には、富士通が提供する「CHORDSHIP」の技術を活用し、MS&ADシステムズがプロジェクト管理を行った。
(※)チャットボットは、「対話(chat)」と「ロボット(bot)」という二つの言葉を組み合わせたもので、AIを活用した「自動会話プログラム」のことである。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、次世代携帯端末「太陽生命コンシェルジュ」に搭載した告知音声認識機能について特許を取得

損保

東京海上日動、FFRIとサイバー・セキュリティ効率化に向けた共同研究契約を締結

損保

損保ジャパン日本興亜、AI防災協議会へ参画

生保

第一生命、国内保険業界初、複合的AI技術をクラウドに搭載したコンタクトセンターの応対品質を向上

損保

東京海上日動、ドローンとAIを活用した保険金支払いに関する取組を開始

生保

大同生命、Zoom社のユニファイド・ビデオ・コミュニケーション・プラットフォームを採用した業務革新の取組みを開始

損保

三井住友海上・あいおいニッセイ同和損保、「見守るクルマの保険(ドラレコ型)」の契約件数が10万件を突破

生保

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、ネット給付金請求「ひまわりスマート給付金請求」の開始

損保

三井住友海上、「お客さま第一の業務運営に関する方針」に基づく取組状況を公表

損保

三井住友海上、アクセンチュアと「Risk」×「Technology」による新サービス「RisTech」の提供を開始