新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本生協連、節約したい第1位は「通信費」、お金をかけたい第1位は「貯蓄など将来への備え」

日本生協連は、このたび「2018年度全国生協組合員意識調査」の報告書概要版を取りまとめた。9回目となる当調査は、くらしや購買に関する意識・行動などの生活者の実情について明らかにすることを目指し、1994年から3年おきに実施している。
今回は、日本生協連加盟の地域購買生協のうち、組合員数上位30位までの生協を対象に、生協組合員からの回答データを集約し、分析している。さらに、普段の食生活などに関する組合員・一般消費者の比較調査や、一般消費者を対象にした意識調査も行った。(有効回答数:組合員 N=3,653、一般消費者 N=1,800)
◆「2018年度全国生協組合員意識調査」の主なトピック
【組合員調査】
・今後節約したいのは「通信費」、お金をかけたいのは「貯蓄など将来への備え」がそれぞれ第1位にランクイン
・購入姿勢が消極的になった人は22.8%。理由は「収入が増えない(減った)から」(53.6%)が第1位に
【組合員および一般消費者への意識調査】
・組合員・一般消費者とも、普段の食生活で「栄養バランス」に高い関心
【一般消費者への意識調査】
・一般消費者が食品購入先に求めることは「安全・安心」「おいしい商品」「誇張や隠し事をしない」が上位に
◆「2018年度全国生協組合員意識調査報告書(概要版)」(PDF:1.3MB)https://jccu.coop/info/up_files/release_181116_01_02.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

共済

日本生協連、「全国産直研究交流集会 2024」を開催

生保共済

日本生協連、コープ共済連、コープながの「CO・OP 2024 FISパラ・ノルディックスキージャパンカップ白馬大会」に特別協賛

共済

日本生協連、「令和6年(2024年)能登半島地震」介護職員による支援を開始

生保共済

日本生協連、コープ共済連、コープさっぽろが「さっぽろスノースポーツフェスタ 2024」に特別協賛

生保

日本生協連、能登半島地震の被害に対する支援で「コープ被災地支援センター」を設置

生損共済

日本生協連、「令和6年(2024年)能登半島地震」の被害に対する支援を実施

共済

日本生協連、「令和6年(2024年)能登半島地震」の被害に対する支援を実施

生保

日本生協連、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが実施する「子どもの食 応援ボックス」夏に引き続き、4度目の協賛

生保共済

日本生協連、2023年度「子どもの貧困」支援活動への応援助成対象団体募集

共済生損

日本生協連、「UCDAアワード2023」において総合賞ブロンズ、アナザーボイス賞(パッケージカテゴリ)をダブル受賞

関連商品