新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

MS&ADホールディングス、国連環境計画・金融イニシアティブのTCFD保険ワーキンググループへ参画

MS&ADホールディングスは、このたび国連環境計画・金融イニシアティブ(UNEPFI)のTCFD保険ワーキンググループに参画することとなった。
同社は、2017年12月に気候変動下における企業の適切な情報開示を推進するTCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)の提言に賛同を表明した。このたび立ち上がったTCFD保険ワーキングループでは、保険業界における気候変動に関する情報開示の手法を検討していく。
<参考:UNEPFIプレスリリース>
http://www.unepfi.org/psi/wp-content/uploads/2018/11/PSI-TCFD-Insurer-Pilot-Group-Press-Release.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、学研グループが運営するサービス付き高齢者向け住宅を保有する私募ファンド(「ココファンド」)の第4号案件を実行

生保

日本生命、ニッセイ・ウェルス生命へ出資

生保

日本生命、スタンフォード大学医学部との先進AIモデル開発に関する共同研究の開始

生保

太陽生命、太陽生命少子高齢社会研究所、認知症問題の課題解決に向けた新たなサービスの共同開発・推進を合意

生保

日本生命、はなさく生命への出資を完了

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、つくば市で自動運転バスの社会実装に着手

生保

日本生命がニチイホールディングスの全株式を取得することで合意、買収金額は約2,100億円

生保協会・団体

生保協会、「インパクトコンソーシアム」に参画

生損

MS&ADホールディングス、コーポレート・ガバナンスに関する報告書を公表

生保

富国生命、米ドル建永久劣後特約付社債を発行

関連商品