新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上福祉財団、「研究助成」および「三井住友海上福祉財団賞」を決定

三井住友海上福祉財団は、2018年度の研究助成として応募総数172件のうち30件を決定し、11月21日(水)に贈呈式を開催する。また、優れた著作・論文に対し贈呈する「三井住友海上福祉財団賞・財団奨励賞」として著作1点、論文1点を同日表彰する。
同財団では、「交通安全等部門」「高齢者福祉部門」の2部門で研究助成を実施しており、今年度は
総額3,200万円を助成する。あわせて、海外(シンガポール、タイ、台湾)の研究助成として応募総数33件のうち12件の助成を決定した。
これにより、今年度の研究助成は、応募総数205件中42件、総額4,024万円となり、同財団設立以来の助成累計は、2,077件、23億84百万円となる。
■2018年度贈呈式および授賞式の概要
開催日時:11月21日(水)15:30~18:00
開催場所:住友会館(港区六本木1-6-1泉ガーデンタワー42階)
出 席 者:研究助成対象者、財団賞・財団奨励賞受賞者、内閣府、選考委員、他財団
当財団役員・評議員、MS&ADインシュアランス グループ役職員等 合計 約70名
記念講演:「無信号交差点通過時における高齢運転者の不適切な判断能力と実運転行動」
      東京大学大学院 新領域創成科学研究科 准教授 小竹 元基 氏
     「ケアマネジメントの本質-生活支援のあり方と実践方法」
      桜美林大学大学院 老年学研究科 教授 白澤 政和 氏
■主な研究助成・受賞テーマ
(1)研究助成
<交通安全等部門> 全9件
「人体頭部多層構造を模した超高性能頭部保護デバイス開発のための基礎解析」
 芝浦工業大学 システム理工学部 機械制御システム学科 准教授 渡邉 大 氏 他8件
<高齢者福祉部門> 全21件
「老化血管および神経筋接合部に異常蓄積する MFG-E8の機能解析を通したサルコペニアの発症機
序解明」
 東京都健康長寿医療センター研究所 老年病態研究チーム
 筋老化再生医学 研究員 上住 円 氏 他20件
(1)三井住友海上福祉財団賞
<交通安全等部門>
 ①財団賞 該当なし ②財団奨励賞 該当なし
<高齢者福祉部門> 著作1点 論文1点
 ①財団賞(副賞50万円)
「ケアマネジメントの本質-生活支援のあり方と実践方法」
 桜美林大学大学院 老年学研究科 教授 白澤 政和 氏
 ②財団奨励賞(副賞30万円)
「Association Between Social Participation and 3-Year Change in Instrumental Activities
of Daily Living in Community-Dwelling Elderly Adults (地域在住高齢者における社会参加と3年後の手段的自立との関連)」
 奈良県立医科大学 県民健康増進支援センター 特任准教授 冨岡 公子 氏

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、凍結卵子専用保険の提供開始

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、GX経済移行債へ20億円投資し日本の脱炭素取組みを支援

損保

三井住友海上、女子陸上競技部の樺沢和佳奈選手が「全日本実業団ハーフマラソン大会」で優勝

損保

三井住友海上、AI音声による事故受付サービスを開始

損保

三井住友海上、保険料等の調整行為に係る行政処分の内容と今後の対応を発表

生保

MS&ADホールディングス、金融庁による三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保への行政処分を発表

損保

三井住友海上、宇宙関連事業者17社の意向表明書を受領

損保

MS&ADホールディングス、公正取引委員会による三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保への立入検査でコメントを発表

損保

三井住友海上、社員向け生成AIチャットツール「MS-Assistant」に損害保険業務の専門的な照会応答機能を追加

関連商品