シンニチ保険WEB

AIG損保、企業のサイバーリスク対応の成熟度やビジネスへの影響度の分析診断サービスを開始

AIG損保は、企業のサイバーリスクを分析診断するサービスを、12月を目途に開始する。
情報通信ネットワークの進化やビジネスのグローバル化により、サイバーアタックなどによるサイバーリスクは、世界規模で急速に広がっている。サイバーリスクの脅威は感じているものの、リスクや起こりうる損失を客観的に判断することができず、どのように対処すべきかわからない。そんな企業の声を受けて、各企業が直面する可能性のあるリスクを顕在化できるサービスを、アメリカのAIGが開発した。サイバー保険最大のマーケットであるアメリカをはじめ、既に 世界各国でグローバル企業が同サービスを活用している。この実績を踏まえ、 日本でも同サービスを展開していく。
同サービスでは、業種や規模、リスク特性に応じた質問項目へ回答することで、各企業のリスクスコアやビジネスへの影響度、推奨される対策などを評価・分析し、分析結果をグラフや表を多用したレポートとして受け取ることができる。サイバーリスクへの対策を検討する資料として活用できるだけではなく、回答する各質問項目をチェック表代わりとして、自社のリスク対策状況を再確認することもできる。分析の際に用いられるデータベースは最新のリスク環境にあわせて定期的にアップデートされるため、AIG損保のサイバー保険「CyberEdge」の契約企業は、契約更改時などに同サービスを利用することで、サイバーリスクへの対応状況の定期的な見直しとしても活用できる。サイバー保険を検討中の企業については、保険料の見積もり時に同サービスによる診断を受けることが可能である。
これからも、このようなグローバルで蓄積された様々な知識やノウハウを活用した、より価値のある商品・サービスの実現を、AIG損保は進めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

FWD富士生命、『新がんベスト・ゴールドα』がパワーアップ

損保

損保ジャパン日本興亜、音声ビッグデータを活用した、高品質な電話応対ガイドAIを開発

生保

メディケア生命、日本初、通院時代の「おくすり保険」を新発売

損保

あいおいニッセイ同和損保、24時間365日の事故対応サービス『I’m ZIDAN』を提供体制を強化

生保

かんぽ生命の健康応援アプリ「すこやかんぽ」アップグレード版の提供開始

損保

ジェイアイ傷害火災、「学校旅行総合保険」インフルエンザ等による国内旅行離団時の保険金請求の手続きに関しての発表

生保

PGF生命、「ご契約のしおり・約款」のWeb版提供を開始

生保

ソニー生命、先進医療給付金の医療機関あて直接支払サービスについて対象医療機関を拡大

損保

アクサ損保、「お客さま本位の業務運営に関する基本方針」を改定、「お客さまからの評価」結果を公表

損保

AIG損保、『第12回いじめ防止標語コンテスト』文部科学大臣賞を選出