シンニチ保険WEB

損保協会IAISのコムフレーム市中協議への意見を提出

損保協会は、保険監督者国際機構(IAIS)のコムフレーム(ComFrame)市中協議への意見書を10月30日(火)に提出した。
コムフレームは、正式名称を「IAIGsの監督のための共通の枠組み」と言い、「IAIGs(国際的に活動する保険グループ)」に対し、ICP(保険基本原則)の追加として適用される監督要件である。コムフレームの内容にはガバナンス、リスク管理等の定性要件、定量要件(資本要件)、監督者に対する要件(監督者間協力、破綻処理等)が含まれ、資本要件として、国際保険資本基準(InsuranceCapitalStandard:ICS)の策定が進められている。また、適用度・強制度に応じ、「コムフレーム基準」、「コムフレームガイダンス」の2層で構成されている。IAISは、ICSを含むコムフレーム全体の2019年の完成、2020年の実施を予定している。
今回の市中協議では、ガバナンスやリスク管理、是正措置、破綻処理等に関連する部分が2018年7月31日から10月30日まで市中協議に付された。
損保協会はIAISでの国際保険監督基準策定の議論に積極的に参加している。今回の市中協議に対し、損保協会では、以下のような過剰・柔軟性を欠く内容、規制の整合性を欠く内容、監督者の権限を越える内容等に対し、修正を求める意見を提出している。詳細は下記リンク先を参照。
【コムフレーム市中協議に対する主な損保協会意見】
過剰・柔軟性を欠く内容:
・プロポーショナリティの適用、規模、複雑性、事業特性等を考慮すること。
・特定のガバナンス構造を前提としないこと。
・IAIGsへの再建計画、破綻処理計画を一律に要求しないこと。
規制の整合性を欠く内容:
・ICSの開発状況を考慮すること。
監督者の権限を超える内容:
・複数当局による合同立入検査については慎重に運用すること。等
◎保険監督者国際機構(IAIS)の「IAIGsの監督のための共通の枠組み(コムフレーム)」に関する損保協会意見≪http://www.sonpo.or.jp/news/file/01403.pdf≫

関連記事(保険業界ニュース)

損保

セゾン自動車火災、改正民法(2020年4月1日施行)に関する契約及び約款の内容への影響を発表

損保

損保協会、IAISの再建計画に係る文書案に意見提出

損保

損保協会、今年度発生した風水災に係る各種損害保険の支払件数を訂正

生保

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、新企業スローガン「あなたが健康だと、だれかがうれしい。」をリリース

損保

損保協会、協会長ステートメントを発表

損保

損保協会、SDGs特設ページを開設

損保

損保協会、「行動規範」を改定

損保

損保協会、6月から9月に発生した地震・風水災に係る各種損害保険の支払件数・支払保険金等の取りまとめを発表

損保

セゾン自動車火災、「お客さま本位の業務運営方針」取組み状況(半期報告)の公表

生保

住友生命、世界各国のVitalityパートナーと共に「2025年までに世界の1億人の活動量を現在より20%アップさせる」ことを宣誓