シンニチ保険WEB

日新火災、事業者向け賠償責任保険「ビジサポ」を改定

日新火災は、事業者向け統合賠償責任保険「ビジサポ」について、お客さまにとってよりよい商品とすべく、改定を行うこととした。
統合賠償責任保険「ビジサポ」は、お客さまの事業活動に関わる様々な賠償リスクをまとめて補償する商品である。5つの基本特約と複数の任意特約の組み合わせにより、お客さまのニーズに柔軟に対応できる商品として好評だったが、補償をさらに充実させ、かつ、お客さまにとってよりわかりやすい商品とするため、補償の充実や特約ラインナップの整備等を行うこととした。
1.主な改定内容
○補償内容の拡充~「もっと安心」を~
・補償内容の拡充
これまで任意特約としていた「管理財物に対する補償」や「情報漏えいによる損害賠償責任負担の補償」、「事故発生時の初期対応費用等の補償」など、ニーズの高い任意特約を基本補償に組み込み、補償内容を拡充した。
○商品設計の簡素化~「もっとわかりやすい商品」を~
・任意特約のラインナップ整備
任意特約の一部を基本補償内に組み込んだこと、他商品と重複する特約を整理したことにより、約120あった任意特約を約30にまで統廃合し、シンプルな設計とした。
・リスク区分(※)の簡素化
主軸となる基本補償のリスク区分を、政府労災に準じた区分とした。
2.提供開始時期
2019年1月1日以降を保険始期とする契約を対象に提供する。
(※)各契約の保険料の基となる保険料率を決定するための区分をいう。
〔参考資料〕
・「ビジサポ」パンフレット:https://www.nisshinfire.co.jp/service/list.html#serviceListBusisup

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、メディケア生命、新サービス「AIぴったり保険診断」をローンチ

生保

はなさく生命、「先進医療給付金(陽子線治療・重粒子線治療)の医療機関あて直接支払サービス」開始

損保

SBI損保、DataRobot社主催「AIExperienceVirtualConference2021」基調講演に社長五十嵐正明氏が登壇

生保

明治安田生命、「ノスタルジック関西」を発行

損保

au損保、スマホ決済「auPAY」で保険料支払いが可能に

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、米国ContrastSecurity社のセキュリティソリューションを導入

生保

大同生命、満期保険金の「請求書レス支払」開始

損保

東京海上日動と東京海上日動リスクコンサルティング、サイバーグローバルリスク定量評価サービスの提供を開始

損保

三井ダイレクト損保、「手話通訳サービス」を開始

生保

大樹生命、手話通訳リレーサービスの提供開始

関連商品