シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、BUSINESS光「サイバー保険付帯セキュリティサービス」の提供を開始

あいおいニッセイ同和損保は、このたび、株式会社ケイ・オプティコム(以下ケイ・オプティコム)と提携し、ケイ・オプティコムのユーティリティクラウドのセキュリティサービス、『セキュアゲートウェイ【Type2】Plus』へのサイバー保険の付帯を2018年11月1日(木)より開始する。
1.背景と目的
ケイ・オプティコムでは、サイバー攻撃によるお客さま情報資産の窃取、改ざん、破壊等を防ぐためUTM(統合脅威管理装置)を用い、セキュアなインターネット接続を実現する「セキュアゲートウェイ【Type2】」を、ユーティリティクラウドで提供している。
一方で、サイバー攻撃は益々巧妙化し、ビジネスメール詐欺や内部犯行による情報漏えい事故が相次いで発生している。あいおいニッセイ同和損保では、ニーズが急拡大しているサイバーリスクに関する体制強化を目的として、「サイバー保険室」を2017年9月に設置し、企業のニーズに即した商品の開発や引受、セキュリティ企業をはじめとした各関係組織との連携を進めている。
そこでこのたび、「セキュアゲートウェイ【Type2】」の防御力によりマルウェアの侵入やハッキングを阻止しながら、一方でセキュリティシステムの守備範囲外で生じる万一の事故に対してはサイバー保険で備える、『セキュアゲートウェイ【Type2】Plus』をケイ・オプティコムが提供することとなった。
2.サービス概要
・『セキュアゲートウェイ【Type2】Plus』に付帯するサイバー保険は、損害賠償に対する補償額の上限を安心の「1億円」とした。
・サイバー保険の適用範囲を、ケイ・オプティコムが提供するユーティリティクラウド上の情報資産に限定することにより、既存サービスである「セキュアゲートウェイ【Type2】」と同一価格とした。
・サイバー保険は当該サービスに自動付帯となるので、『セキュアゲートウェイ【Type2】Plus』に申し込むだけで完結する。
■同サービスに付帯されるサイバー保険の補償概要
・保険種類サイバーセキュリティ保険
・支払限度額賠償損害1億円(保険期間中につき)
・免責金額なし
・補償期間本サービスの契約期間に準ずる(補償はサービス開始日の翌日午前0時から開始)
・保険金等を支払う主な事故:同サービスの監視対象ネットワークの所有、使用または管理に起因する次のいずれかの事由について、被保険者が被る損害に対して、保険金を支払う。
①他人の情報の漏えいまたはそのおそれ
ただし、次のアまたはイのいずれかに該当する場合に限る。
ア.ネットワーク上に存在する電子情報がネットワークから直接的に漏えいまたはそのおそれが生じた場合
イ.ネットワーク上に存在する電子情報がネットワークから電子媒体により持ち出され、漏えいまたはそのおそれが生じた場合
②マルウェア感染による他人の業務の阻害
*:同サービスの利用は一部業種のお客さまなど利用できない場合がある

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、メディケア生命、新サービス「AIぴったり保険診断」をローンチ

生保

はなさく生命、「先進医療給付金(陽子線治療・重粒子線治療)の医療機関あて直接支払サービス」開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、東京 2020 パラリンピック 卓球競技日本代表推薦選手に「加藤耕也」選手が選出

損保

SBI損保、DataRobot社主催「AIExperienceVirtualConference2021」基調講演に社長五十嵐正明氏が登壇

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、業界初自動車保険における中断制度の対象事由に「重度傷病による運転不能」を追加

生保

明治安田生命、「ノスタルジック関西」を発行

損保

あいおいニッセイ同和損保、世界初「離島エリアでのドローン物流定期航路」開設に向けたスポンサーシップ契約をかもめやと締結

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、高齢者向け「行方不明時の捜索費用補償」の販売を開始

損保

au損保、スマホ決済「auPAY」で保険料支払いが可能に

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、エアロセンスとの提携による固定翼ドローンとAIを活用した水災損害調査を開始

関連商品