シンニチ保険WEB

三井住友海上、「2018年世界柔道選手権大会」で新井千鶴選手が金メダル、男女混合団体戦で日本代表チームが金メダルを獲得

三井住友海上の女子柔道部の新井千鶴選手(70kg級)が日本代表として9月24日(月)、アゼルバイジャン・バクーで開催された「2018年世界柔道選手権大会」(9月20日~9月27日)出場し、2連覇を果たした。
また、27日(木)に開催された男女混合団体戦には、玉置桃選手が出場し、日本代表チームの優勝に貢献した。
【大会結果詳細】※IJF(国際柔道連盟)ランキングは大会出場時点⇒現時点である。
◆新井千鶴選手(70kg級/IJFランキング6位⇒2位) 金メダル:2連覇
3大会連続出場となった新井選手は、初戦(2回戦)を合技で一本勝、3回戦は延長戦の末に出足払いで優勢勝、準々決勝では浮落で優勢勝、準決勝では大内刈で一本勝し、決勝へ 進出した。
決勝では開始早々に技有を取られるも、合技一本で逆転し、優勝を飾った。
70kg 級の日本代表選手としては、同社女子柔道部の上野雅恵コーチ以来15年ぶりの世界柔道選手権大会2連覇となった。
◆男女混合団体戦 金メダル:2連覇
6人制の団体戦(女子57㎏級以下、男子73級以下、女子70㎏級以下、男子90kg 級以下、女子0kg 超級、男子90kg 超級)は19ヵ国が出場し、全4戦を勝ち上がり、優勝した。
玉置桃選手は初戦(2回戦)と準々決勝に選出された。初戦は日本代表チームが先に4勝したため、玉置選手の出場はなかったが、準々決勝は合技で一本勝し、団体戦の金メダル獲得に貢献した。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ソニー生命、「ソニー生命カップ第44回全国レディーステニス大会」に協賛

損保

三井住友海上、施設所有(管理)者賠償責任保険「汚染損害拡張補償特約」の販売開始

損保

三井住友海上、大阪スマートシティパートナーズフォーラムのコーディネーターに3期連続に選出

損保

三井住友海上、新居浜地域スマートシティ推進協議会における交通事故発生リスクのAI予測等に関する実証実験

損保

三井住友海上、船舶保険「海洋汚染対応追加費用補償特約」の販売開始

損保

三井住友海上、「第106回日本陸上競技選手権大会」女子3000mSCで西山未奈美選手が3位入賞

損保

三井住友海上、「第33回日本パラ陸上競技選手権大会」女子5000mで道下美里選手がアジア記録を更新し優勝

損保

三井住友海上、自然資本・生物多様性の保全・回復に資する商品・サービスを展開

損保

SBI損保、大分トリニータとともに「親子サッカー教室」を開催

生保

明治安田生命、2022年度「地元アスリート応援プログラム」40都道府県61名の若手アスリートへ支援を開始

関連商品