新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

東京海上日動、保険レコメンデーションのAI化と保険プロセスのフルデジタル化に向けた検討を開始

東京海上日動と、ドコモは包括業務提携に基づき、本日、「保険レコメンデーションのAI化」ならびに「保険プロセスのフルデジタル化」に向けた検討を開始することについて、合意した。
◆同合意の趣旨
ドコモは、中期戦略「beyond宣言」に基づき、FinTechを活用し「社会課題の解決」と「ライフスタイル革新」を実現する、新たな金融サービスを提供してきた。
一方、東京海上日動は、「To Be a Good Company」をめざし、お客様と社会のあらゆる「いざ」を支える存在として、先進的な保険サービスを提供してきた。
また、両社はこれまで、2010年に合意した包括業務提携に基づき、お客様の安心に最大限貢献することをめざして、生活インフラとして定着した携帯電話と、「安心と安全」を提供する保険サービスとを連携させ、1日単位で契約できる「ドコモワンタイム保険」を提供し、「ケータイする保険」を実現してきた。
今日、お客様の価値観は多様化しており、保険契約にあたっても、対面でコンサルティングを受けて契約したいというニーズが存在する一方で、インターネットを使いこなす世代を中心に、スマートフォンを通じて必要なときに簡便に契約したいというニーズも出てきている。
こうしたニーズに応えるため、これまで培った両社のノウハウを融合し、保険を「わかりやすく」「入りやすい」ものに進化させ、これまで保険に馴染みのなかった若い世代でインターネットやスマートフォンに慣れ親しんだお客様が、初めての保険にスムーズに加入できることをめざす。将来的には、スマートフォンを通じて取得・分析したお客様の状況や、お客様の予算等にあわせて、AIが個々のリスクに基づいたお勧めの保険を提示する仕組みを確立し、「ケータイする保険」から「ケータイに任せる保険」への進化をめざす。
両社は、これらの取り組みを通じて、お客様の生活の質の向上に加え、社会課題の解決をめざし、更に連携を深めていく。
◆合意内容詳細は下記URLを参照
≪http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/company/release/pdf/181011_01.pdf≫

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、保険代理店を通じたビジネスマッチング事業を本格展開

損保

東京海上グループ、富士通とお客様のレジリエントなサプライチェーンの構築を目指して協業しサプライチェーンリスク可視化サービスを提供開始

生保

日本生命、学研グループが運営するサービス付き高齢者向け住宅を保有する私募ファンド(「ココファンド」)の第4号案件を実行

損保

東京海上日動、グローバル企業向けリスクマネジメント・デジタルプラットフォーム“TM StationPortal”の提供開始

損保

東京海上ホールディングス、公正取引委員会による東京海上日動への立入検査でコメントを発表

生保

日本生命、ニッセイ・ウェルス生命へ出資

生保

日本生命、スタンフォード大学医学部との先進AIモデル開発に関する共同研究の開始

損保

東京海上日動、代理店への情報漏えいで対象提携代理店の範囲が拡大

生保

太陽生命、太陽生命少子高齢社会研究所、認知症問題の課題解決に向けた新たなサービスの共同開発・推進を合意

生保

日本生命、はなさく生命への出資を完了

関連商品