新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

MS&ADホールディングス、米国シリコンバレーにおけるコーポレートベンチャーキャピタルの投資業務を開始

MS&ADホールディングスは、世界各国のスタートアップ企業に投資する、コーポレートベンチャーキャピタル(以下、CVC)を日系保険会社グループとして初めて米国シリコンバレーに設立し、10月より40百万米ドル(約45億円)規模の投資業務を開始した。
同CVCの設立により、先進的技術や新しいビジネスモデルを有する海外スタートアップ企業への投資を加速させ、スタートアップ企業との共創を実現させる。また、同社グループは、投資業務により、シリコンバレーのエコシステム※の一員となり、グループビジネス全体の変革につなげることを通じて、社会に貢献しながらお客さまの体験価値の向上を目指していく。
※エコシステム:ビジネスにおける生態系のことで、起業家、投資家、企業、専門家・学者等が協調関係をつくり、人財・技術・資本を持ち寄って、自由な発想で新しい産業やビジネスを生み出すコミュニティー
1.CVCの概要
(1)名称:MS&AD Ventures Inc.
(2)所在地:米国・カリフォルニア州メンローパーク市
(3)株主:MS&ADインシュアランスグループホールディングス100%
(4)投資対象:同社グループとシナジー発揮が狙えるスタートアップ企業(保険・金融サービスに関連する、アーリーステージ(創業~成長初期まで)を中心とした海外スタートアップ企業)
(5)WebSite:https://msad.vc/
2.設立の経緯・目的
同社グループは、2017年2月に、米国シリコンバレーを中心に活動する投資家が日々入手する先進的な技術や新しいビジネスモデルをグループ全体の知見として活用するため、米国Net Service Ventures 社が運営するファンド・オブ・ファンズへ投資を開始した。
また、2017年5月より駐在員をシリコンバレーに派遣するとともに、2018年1月より、国内外のグループ社員がシリコンバレーに出張し、自社の課題を解決できる最先端の技術やビジネスモデルを有するスタートアップ企業を発掘して自国で共創する「MS&ADガレージプログラム」を開始するなど、グローバルでイノベーションの推進を図っていく。
今後、社会の変化を見据えスピード感を持って革新的な商品・サービスを提供していくために、新たなビジネスをグローバルに共創できる優良なスタートアップ企業への投資体制の構築が重要であると判断し、同CVCをシリコンバレーに設立した。
3.今後の展開
同社グループは、同CVCの設立を通じて、業界の変化に対応する領域に取り組む企業に投資し、革新的な商品・サービスを開発することで、グローバル市場における競争優位なポジションをより強固なものにしていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、学研グループが運営するサービス付き高齢者向け住宅を保有する私募ファンド(「ココファンド」)の第4号案件を実行

生保

日本生命、ニッセイ・ウェルス生命へ出資

生保

日本生命、スタンフォード大学医学部との先進AIモデル開発に関する共同研究の開始

生保

太陽生命、太陽生命少子高齢社会研究所、認知症問題の課題解決に向けた新たなサービスの共同開発・推進を合意

生保

日本生命、はなさく生命への出資を完了

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、つくば市で自動運転バスの社会実装に着手

生保

日本生命がニチイホールディングスの全株式を取得することで合意、買収金額は約2,100億円

生保協会・団体

生保協会、「インパクトコンソーシアム」に参画

生損

MS&ADホールディングス、コーポレート・ガバナンスに関する報告書を公表

生保

富国生命、米ドル建永久劣後特約付社債を発行

関連商品