新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保協会、自動運転に関する特設ページを開設

損保協会では、9月18日(火)に、同協会のホームページ上に、自動運転に関する特設ページを開設した。
同ページは、自動運転に関する情報提供を通じて、損害保険業界として安全・安心で円滑な道路交通社会の実現に寄与することを目的としている。今回公開するコンテンツは、安全運転支援システムの正しい理解と安全運転を促すため、安全運転支援システムの紹介のほか、システム搭載車を所有する方を対象としたアンケート結果、システム搭載車による事故例、よくある質問などを掲載している。
近年、高齢者による交通事故、地方における移動手段不足、物流業における運転手不足といった社会的課題の解決策として、「自動運転」が注目されている。
しかし、現在、実用化されている自動運転「レベル1」または「レベル2」の車に搭載されている安全運転支援システムは、ドライバーが自ら監視をすることを前提としているにも関わらず、安全運転支援システムを過信し、操作を怠ったことによる事故が起きている。
同協会では、国内外の自動運転に関する検討動向を注視し、技術の進展に合わせた情報発信を通じて、新技術普及をサポートしていく。
自動運転に関する特設ページURL≪http://www.sonpo.or.jp/insurance/commentary/car/sapocar/≫

関連記事(保険業界ニュース)

損保協会・団体

損保協会、損害保険教育情報誌「そんぽジャーナル」第4号を発行

損保協会・団体

損保協会、令和6年能登半島地震に係る地震保険の支払件数・支払保険金等を公表

損保協会・団体

損保協会、2024年度自賠責運用益拠出事業17.6億円を決定

損保

損保協会、令和6年能登半島地震にかかる共同調査の認定結果を公表

生保

ネオファースト生命、健診結果改善サポートアプリ「Neoコーチ」10万ダウンロード達成、ユーザー体験の向上に向けた機能追加

損保

三井住友海上、AI音声による事故受付サービスを開始

生保

住友生命、「LOOOKIT」を活用したコールセンター応対開始~Vitalityアプリをリモートで説明

生保

第一生命、第76回「保健文化賞」の募集開始

損保

三井ダイレクト損保、WAON POINTがもらえる「イオンのほけん相談 自動車保険」「イオンのほけん相談 バイク保険」の提供開始

生保

三井住友海上プライマリー生命、仮想空間(メタバース)での金融機関交流会を開催

関連商品