シンニチ保険WEB

SOMPOホールディングス、「認知症」に関する調査結果を発表

SOMPOホールディングスは、9月21日の世界アルツハイマーデーおよび世界アルツハイマー月間に合わせ、「認知症」に関する調査を実施した。
SOMPOホールディングスグループは、認知症に関する社会的課題に注目し、「認知症にならない・なってもその人らしく生きられる社会」を目指す「SOMPO認知症サポートプログラム」を展開しており、その取組みの一環である。
■調査結果のポイント
1.親や自分が認知症になった時に備えて費用の準備をしている人は約1割にとどまる
2.約5割の人が、親が認知症になった時に備えた費用の準備を、必要と認識しながら準備をしていない
3.認知症(認知機能低下)予防や進行を遅らせたいと考える人が多い一方で、実際には取り組んでいない人や何が予防につながるか分からない人が多い
<アンケート調査概要>
・調査期間:2018年8月28日(火)~9月6日(木)
・調査方法:インターネット(PC、携帯電話モバイルサイト)
・調査対象地域:全国
・調査対象者:30代~50代の男女
・回答者数:1,042名(男性:530名、女性:512名)
・調査内容詳細:https://www.sompo-hd.com/~/media/hd/files/news/2018/20180918_1.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

生保

SOMPOひまわり生命、認知機能改善・維持の支援をトータルで行う「ニューロトラック脳ケア」アプリの提供開始

損保

SOMPOホールディングス、「サステナビリティサイト・アワード2020」シルバー受賞

損保

MS&ADホールディングス、東京大学との共同研究の開始

損保

SOMPOホールディングス、「令和元年台風19号」の被災者を支援

損保

SOMPOホールディングス、「親の介護に関する調査」結果を発表

損保

SOMPOホールディングス、「内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)」に登録

損保

SOMPOホールディングス、「CSRコミュニケーションレポート2019」を開示

損保

SOMPOホールディングス、『FUTOMOMO すっきりウォーク』を共同開催

損保

SOMPOホールディングス、ミャンマーにおける合弁会社設立正式認可を取得

損保

損保ジャパン日本興亜、常陽銀行と認知症に関する協業を開始