シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜、大規模災害における保険金支払業務へのRPA活用

損保ジャパン日本興亜は、大阪北部を震源とする地震ならびに平成30年7月豪雨により被害を受けたお客さまへの早期の保険金支払いのため、UiPathの RPA※を活用したことを発表した。
災害対応におけるRPAの活用は、同社として初めての取組みとなる。
※RPA(Robotic Process Automation):メールやエクセル、基幹システム等を利用した事務作業を、人間がPC端末を操作するとおりに操作するソフトウェア

関連記事(保険業界ニュース)

損保

セゾン自動車火災、「LINE」を活用した「おくるま撮影サポート」サービスを開始

損保

損保ジャパン日本興亜、愛媛県警察と『地域の安全・安心に関する包括連携協定』締結

損保

損保ジャパン日本興亜、公式Instagramアカウント『ゴッホのひまわりW(ダブル)キャンペーン』実施

損保

三井住友海上、チャットボットによる自動車保険の住所変更手続きサービスを開始

損保

SOMPOホールディングスおよび損保ジャパン日本興亜、組織変更・人事異動を発表

損保

三井ダイレクト損保、お客さまセンター営業時間を変更

損保

東京海上日動、AI技術を活用した自動車事故の修理見積書点検の取組みのトライアルを開始

損保

損保ジャパン日本興亜、「東京都共助社会づくりを進めるための社会貢献大賞」の大賞受賞

生保

マニュライフ生命、第14回全国高校生金融経済クイズ選手権エコノミクス甲子園全国大会大阪代表の大阪府立北野高等学校が初優勝

損保

損保ジャパン日本興亜、「災害発生時における避難などに関する調査」を実施