新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜、大規模災害における保険金支払業務へのRPA活用

損保ジャパン日本興亜は、大阪北部を震源とする地震ならびに平成30年7月豪雨により被害を受けたお客さまへの早期の保険金支払いのため、UiPathの RPA※を活用したことを発表した。
災害対応におけるRPAの活用は、同社として初めての取組みとなる。
※RPA(Robotic Process Automation):メールやエクセル、基幹システム等を利用した事務作業を、人間がPC端末を操作するとおりに操作するソフトウェア

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ネオファースト生命、健診結果改善サポートアプリ「Neoコーチ」10万ダウンロード達成、ユーザー体験の向上に向けた機能追加

損保

三井住友海上、AI音声による事故受付サービスを開始

生保

住友生命、「LOOOKIT」を活用したコールセンター応対開始~Vitalityアプリをリモートで説明

生保

第一生命、第76回「保健文化賞」の募集開始

損保

三井ダイレクト損保、WAON POINTがもらえる「イオンのほけん相談 自動車保険」「イオンのほけん相談 バイク保険」の提供開始

生保

三井住友海上プライマリー生命、仮想空間(メタバース)での金融機関交流会を開催

生損共済

こくみん共済coop〈全労済〉、組合員専用サービス「マイページ」で共済契約証書の電子化を開始

生保

アニコム損保、最新版『人気犬種ランキング2024』を発表

生保

太陽生命、「マイページ」で契約者貸付金の返済における「電子バーコード決済」の取扱いを開始

生保

三井住友海上あいおい生命、ヘルスケアサービス「MSAケア」の福利厚生導入企業数が1,000社を突破

関連商品