シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜、大規模災害における保険金支払業務へのRPA活用

損保ジャパン日本興亜は、大阪北部を震源とする地震ならびに平成30年7月豪雨により被害を受けたお客さまへの早期の保険金支払いのため、UiPathの RPA※を活用したことを発表した。
災害対応におけるRPAの活用は、同社として初めての取組みとなる。
※RPA(Robotic Process Automation):メールやエクセル、基幹システム等を利用した事務作業を、人間がPC端末を操作するとおりに操作するソフトウェア

関連記事(保険業界ニュース)

損保ジャパン日本興亜、魚津市と『包括的連携協定』を締結

損保

SOMPOホールディングス、アジア太平洋地域の成長戦略、訪日旅行者向け海外旅行保険の新商品「Go JAPAN by TravelJoy」の発売およびデジタル/AIを活用した新たな取組みについて発表

生保

フコクしんらい生命、「人生100年時代共創プロジェクト」

生保

第一生命、2型糖尿病のお客さま向け「生活習慣改善個別サポート」の検証開始

損保

損保ジャパン日本興亜、タイのアマタ工業団地で自動運転走行デモに参画

損保

アイペット損保、LINE公式アカウント通知メッセージ開始

損保

損保協会、訪日・在留外国人向け安心・安全支援Webサイトを開設

損保

共栄火災、保険商品パンフレットのデザインをリニューアル

SOMPOリスク、「汚染土地流動化コンサルティングサービス」を拡充

損保

ソニー損保、事故対応サービスや保険金請求手続等の「手話・筆談サービス」提供を開始