新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

共栄火災、先進医療保険金の医療機関直接払制度の導入

共栄火災は、9月1日より、先進医療の中でも高額な重粒子線治療および陽子線治療にかかる技術料をお客さまに代わり、同社から医療機関へ直接支払う「先進医療保険金の医療機関直接払制度」を導入する。
重粒子線治療および陽子線治療は、いずれも治療費が300万円(*)を超える高額な先進医療である。先進医療にかかる技術料はいずれも全額自己負担となり、治療法によってはお客さまの経済的負担は大きい。
そのため、同社では2012年6月から医療保険・がん保険で、医療機関に支払われた先進医療の技術料をお客さまに支払う先進医療保障を提供してきた。
しかし、これまでの支払方法では高額な技術料を一時的に、お客さまが負担することになり、お客さまからは保険会社から直接、医療機関に支払って欲しいとの要望が数多く寄せられていた。
今回、共栄火災では、医療保険(1年契約用)・がん保険(1年契約用)の先進医療を保障する特約に加入し、一定の条件を満たす契約が対象のお客さまからの請求に基づき、医療機関に先進医療の技術料を直接支払う「先進医療保険金の医療機関直接払制度」を導入する。
*平成29年6月「第357回中央社会保険医療協議会総会資料(先進医療会議からの報告/総-1)
平成30年5月「第396回中央社会保険医療協議会総会資料(先進医療会議の検討結果報告について/総-2-2)
に基づく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

共栄火災、今年も「バレンタイン・チャリティ募金」を実施、32年間の累計総額5,000万円に

生保

ネオファースト生命、健診結果改善サポートアプリ「Neoコーチ」10万ダウンロード達成、ユーザー体験の向上に向けた機能追加

損保

三井住友海上、AI音声による事故受付サービスを開始

生保

住友生命、「LOOOKIT」を活用したコールセンター応対開始~Vitalityアプリをリモートで説明

生保

第一生命、第76回「保健文化賞」の募集開始

損保

共栄火災、Finatext、スマートフォンから加入できる「小・中学生総合補償制度」を福島県PTA連合会に提供開始

損保

三井ダイレクト損保、WAON POINTがもらえる「イオンのほけん相談 自動車保険」「イオンのほけん相談 バイク保険」の提供開始

生保

三井住友海上プライマリー生命、仮想空間(メタバース)での金融機関交流会を開催

生損共済

こくみん共済coop〈全労済〉、組合員専用サービス「マイページ」で共済契約証書の電子化を開始

生保

アニコム損保、最新版『人気犬種ランキング2024』を発表

関連商品