新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保協会、2018年度地震保険広報活動を開始

損保協会では、地震保険の理解促進と加入促進を目的として、8月22日(水)から2018年度地震保険広報活動を開始する。
地震保険は、家を建て直すためだけではなく、住宅ローンの返済や引っ越しなど、被災後の「家族の生活を支える保険」であることをコンセプトとして、実施していく。
8月22日(水)に特設WEBサイトを開設し、地震保険の解説やテレビCM、今後のイベントに関する情報等を随時掲載していく。また、8月24日(金)から、原田泰造氏を起用したテレビCMを放送するほか、新聞広告やラジオ広告、ポスターの掲出、防災イベントへの出展等を行う。
1.新テレビCM
テレビCMでは、父親役を演じている原田さんが、家族で行っている備蓄や防災グッズの確認だけでは「足りない」ことを呼びかけ、地震保険の必要性を訴えるストーリーとなっている。
2.特設WEBサイト新コンテンツ
特設WEBサイトでは、今年度初めて、地震保険や防災について気軽に学ぶことのできるコンテンツ「お父さんのための地震ドリル」を8月24日(金)から同サイト内に掲載する。ドリルの採点結果をもとに「頼れるお父さん度」を判定することができる。さらに「もっと頼れるお父さんになるために!」防災・危機管理アドバイザーの山村武彦先生からのアドバイスを確認できる。
上記のほか、10月13日(土)には、東京都主催の「防災展2018」(東京臨海広域防災公園)で「体験型防災アトラクション」を実施する予定である。
2017年度の地震保険付帯率は、全国平均で63.0%となっており、この10年間で毎年増加しているが、同協会では本広報活動等を通じて、引き続き、地震保険の理解促進と加入促進を図っていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保協会、自賠責保険に関するお客さまの利便性向上と損保業界の業務効率化に向けた取組み状況を公表

損保協会・団体

損保協会、損害保険教育情報誌「そんぽジャーナル」第4号を発行

生保

大樹生命、「映画ドラえもん音のなるオリジナルひみつ道具」の「大樹生命部門」イラストコンテスト結果発表

損保協会・団体

損保協会、令和6年能登半島地震に係る地震保険の支払件数・支払保険金等を公表

協会・団体損保

損保協会、2024年度自賠責運用益拠出事業17.6億円を決定

損保

au損保、ペット保険のキャッチコピーと商品呼称をあらたに策定、新TVCM全国放映とウェブサイトのフルリニューアルを実施

損保

損保協会、令和6年能登半島地震にかかる共同調査の認定結果を公表

損保

アイペット損保、「ペット保険 スプリングキャンペーン」開始

損保協会・団体

損保協会、令和6年能登半島地震に係る地震保険の事故受付が約5万件に

生保

富国生命、「SANRIO Virtual Festival 2024 in Sanrio Puroland」協賛記念キャンペーンを実施

関連商品