シンニチ保険WEB

AIG損保、「ME-BYO(未病)」コンセプトの普及・啓発等に係る覚書を神奈川県と締結

AIG損保は、8月16日に神奈川県との間で「ME-BYO(未病)」コンセプト(※1)の普及・啓発等に係る覚書を締結した。
AIG損保では、「ACTIVECARE」という事業戦略コンセプトのもと、テクノロジーや国内外のノウハウを活かし、リスクを未然に防ぐための支援に力を入れており、当取組みが神奈川県の推進するME-BYOコンセプト(※1)とも非常に親和性が高いことから、今回、普及・啓発活動について連携を進めることとなった。
【主な連携内容】
神奈川県内の中小企業を対象としたセミナーの開催や、メールマガジンの配信を通して、ME-BYOコンセプトの普及とともに、CHO構想(※2)(従業員やその家族の健康づくりを行う健康経営)の情報発信及び、CHO構想推進事業所(※3)の登録推進を行う。
同県内の小中高生やその家族を対象にしたスポーツイベント等の開催を通して、ME-BYOコンセプトの普及を図るとともに、未病改善の3つの柱の1つである運動習慣の提唱を行う。
AIG損保関連施設や参加イベントの場を通して、「マイME-BYOカルテ」の普及を図るとともに、未病の改善を促すツールの 配布や紹介等の活動により、ME-BYOコンセプトの普及を行う。
中・長期的な視点で、保険商品や関連サービスの中で、未病改善等につながる仕組みやサービスの拡充および新規開発の検討を行う。
同社ではこれまでも、神奈川県と共に主に県内の脊損受傷小中高生を対象とした「歩行機能向上プログラム」などを支援してきたが、今回の覚書締結を機に、より一層連携して、心身の状態をより健康な状態に近づけていく「未病の改善」支援に努めていく。
(※1)未病とは健康と病気を「二分論」の概念で捉えるのではなく、心身の状態は健康と病気の間を連続的に変化するものとして捉え、この全ての変化の過程を表す概念のこと。
(※2)CHO構想とは企業や団体が事業所に健康管理最高責任者(CHO)を設置し、従業員やその家族の健康づくりを行う、いわゆる健康経営を進める神奈川県の取組みのこと。
(※3)CHO構想推進事業所とはCHOを設置して健康経営に取り組む企業や団体の県内の事業所のこと。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、南箕輪村と「地域防災力向上等に関する包括連携協定」を締結

損保

大同火災、オキナワ・スタートアップ・プログラムで採択されたDayz社と包括連携協定を締結

損保

AIG損保、事業継続に関する表彰「BCAOアワード2021」で大賞を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、中小企業向け「地震BCP対応補償特約」を発売

損保

損保ジャパン、矢巾町とトヨタL&F岩手株式会社との『災害時における応急対策支援に関する協定』を締結

損保

損保ジャパン、事業承継・M&A課題解決に向けて業務提携

損保

損保ジャパン、大船渡市とトヨタL&F岩手株式会社との『災害時における電動車両等の支援に関する協定』を締結

損保

東京海上日動、中小M&A向け表明保証保険(国内M&A保険Light)の販売開始

損保

損保ジャパン、北海道警察と『安全・安心な北海道の実現に向けた連携協定』を締結

損保

あいおいニッセイ同和損保、火災保険の支払対応を通じた罹災証明書の申請サポートを全国に展開

関連商品