新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

AIG損保、「ME-BYO(未病)」コンセプトの普及・啓発等に係る覚書を神奈川県と締結

AIG損保は、8月16日に神奈川県との間で「ME-BYO(未病)」コンセプト(※1)の普及・啓発等に係る覚書を締結した。
AIG損保では、「ACTIVECARE」という事業戦略コンセプトのもと、テクノロジーや国内外のノウハウを活かし、リスクを未然に防ぐための支援に力を入れており、当取組みが神奈川県の推進するME-BYOコンセプト(※1)とも非常に親和性が高いことから、今回、普及・啓発活動について連携を進めることとなった。
【主な連携内容】
神奈川県内の中小企業を対象としたセミナーの開催や、メールマガジンの配信を通して、ME-BYOコンセプトの普及とともに、CHO構想(※2)(従業員やその家族の健康づくりを行う健康経営)の情報発信及び、CHO構想推進事業所(※3)の登録推進を行う。
同県内の小中高生やその家族を対象にしたスポーツイベント等の開催を通して、ME-BYOコンセプトの普及を図るとともに、未病改善の3つの柱の1つである運動習慣の提唱を行う。
AIG損保関連施設や参加イベントの場を通して、「マイME-BYOカルテ」の普及を図るとともに、未病の改善を促すツールの 配布や紹介等の活動により、ME-BYOコンセプトの普及を行う。
中・長期的な視点で、保険商品や関連サービスの中で、未病改善等につながる仕組みやサービスの拡充および新規開発の検討を行う。
同社ではこれまでも、神奈川県と共に主に県内の脊損受傷小中高生を対象とした「歩行機能向上プログラム」などを支援してきたが、今回の覚書締結を機に、より一層連携して、心身の状態をより健康な状態に近づけていく「未病の改善」支援に努めていく。
(※1)未病とは健康と病気を「二分論」の概念で捉えるのではなく、心身の状態は健康と病気の間を連続的に変化するものとして捉え、この全ての変化の過程を表す概念のこと。
(※2)CHO構想とは企業や団体が事業所に健康管理最高責任者(CHO)を設置し、従業員やその家族の健康づくりを行う、いわゆる健康経営を進める神奈川県の取組みのこと。
(※3)CHO構想推進事業所とはCHOを設置して健康経営に取り組む企業や団体の県内の事業所のこと。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、中小企業向け「サステナビリティ経営実践ガイド」発行

損保

損保ジャパン、土浦市と『地方創生に関する包括連携協定』締結

生保

アクサ生命、埼玉県教育委員会およびエフエムナックファイブと確かな学力の育成・自立する力の育成に関する連携協力協定を締結

生保

太陽生命、太陽生命少子高齢社会研究所が実施する「音声データを活用した要介護リスクの早期発見AIの開発」が、厚労省実施の「中小企業イノベーション創出推進事業」に採択

生保

住友生命、神奈川県秦野市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

SOMPOひまわり生命、全国健康保険協会和歌山支部と「健康経営の普及を目指した相互協力・連携にかかる覚書」締結

生保

太陽生命、「スポーツエールカンパニー」「東京都スポーツ推進企業」に認定

生保

大同生命、「スポーツエールカンパニー」「東京都スポーツ推進企業」に認定

損保

あいおいニッセイ同和損保、通所介護事業を行う子会社の株式会社ふれ愛ドゥライフサービスの全株式を譲渡へ

生保

アクサ生命、鹿児島県と健康経営および働き方改革の推進に関する連携協定を締結

関連商品