新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜、中小企業向け事業活動総合保険に『地震危険補償特約』を新設

損保ジャパン日本興亜は、中小企業向けの主力商品である事業活動総合保険「ビジネスマスター・プラス」の新たな特約として、地震や津波などによる財物の損壊を補償する『地震危険補償特約』を開発し、2018年10月保険始期契約から販売を開始する。
1.背景・趣旨
2018年6月に大阪府北部で地震が発生するなど、大規模地震が全国的に発生していることや、政府の地震調査委員会が公表した「全国地震動予測地図」において大規模地震の発生確率が引き上げられていることなどを背景に、企業ではBCP(事業継続計画)の観点等から地震、津波危険に対する補償ニーズが高まっている。
これまで企業向けの地震補償は、火災保険の特約等で提供していたが、特に中小企業においては十分に普及が進んでおらず、低い加入率にとどまっていた。今般、中小企業向け主力商品である「ビジネスマスター・プラス」に『地震危険補償特約』を新設することで、企業向け地震補償の一層の普及を図り、企業の地震、津波災害への対応力向上を支援することを目指す。

2.ビジネスマスター・プラス『地震危険補償特約』の概要
(1)「ビジネスマスター・プラス」の概要
中小企業が抱えるさまざまなリスク(物損害・賠償責任・労働災害・休業損失)を包括的に補償するパッケージ型商品である。企業は、自社に必要な補償を自由に選択することができる。また、補償の対象となる物件等の明細を不要とするなど、加入手続きを簡素にしていることが特長である。
(2)『地震危険補償特約』の概要
地震、噴火またはこれらにより発生した津波により、補償の対象である財物(設備什器・商品)に生じた損害を補償する。
(3)『地震危険補償特約』の特長
・支払限度額は500万円、1,000万円、3,000万円、5,000万円の4パターンから選択できる。
・保険料は、業種、売上高および契約者所在地により算出する。従来の火災保険のように建物の構造級別、建築年、保険の対象の価格などの確認は不要である。
・企業は、加入手続きを取扱代理店で完結することができるため、保険会社への事前確認は不要である。
(4)改定実施日
2018年10月1日以降を保険始期日とする契約から付帯できる。
3.今後について
損保ジャパン日本興亜は、同商品の提供を通じて企業向け地震補償の一層の普及を図り、企業の地震、津波災害への対応力向上に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、凍結卵子専用保険の提供開始

損保

損保ジャパン、中小企業や個人事業主向けウェブ完結型保険商品の提供を開始

生保

日本生命・大樹生命、初の共同開発商品・平準払外貨建養老保険「ドリームツリー」発売

生保

T&Dフィナンシャル生命、変額終身保険(災害加算・Ⅰ型)「ハイブリッド おまかせ ライフ」を開発販売

生保

太陽生命、太陽生命少子高齢社会研究所が実施する「音声データを活用した要介護リスクの早期発見AIの開発」が、厚労省実施の「中小企業イノベーション創出推進事業」に採択

生保

ライフネット生命 自治体のパートナーシップ証明書の提出でも同性のパートナーを死亡保険金の受取人に指定が可能に

損保

あいおいニッセイ同和損保、訪問看護事業者向けに自転車事故時の示談交渉費用を補償

生保

第一生命、ペアローン利用者の連生団体信用生命保険の取扱開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、三井住友銀行・SMBC日興証券を通じ、『賢者の終身保険』を販売開始

生保

PGF生命、みずほ銀行で「きずなの終身」を販売開始

関連商品