新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日立キャピタル損保、がん治療と就業の両立を支援する企業向けがん保険の開発

日立キャピタル損保は、がん治療と就業の両立を支援する保険として「がんのみ補償特約付就業継続支援保険」を開発し、昨年11月から本格販売を行っている。
今般、企業向けのがん保険としての機能をアップした商品改定※を実施し、販売を開始した。
※以下①、②の商品改定を実施。企業向けのがん保険でこれら①、②の特徴を併せ持つ保険商品は国内保険業界初(2018年6月現在、同社調べ)となる。
①がんの罹患経験がある従業員も同社所定の条件のもとに補償の対象とし、これらの従業員にがんが再発・転移した場合も補償する特約の新設
②がん保険固有の「待ち期間(90日間)」を設けずに保険始期日から補償が開始する特約の新設

関連記事(保険業界ニュース)

生保

アクサ生命、『ユニット・リンク』シリーズの特別勘定を拡充

損保

三井住友海上、運転請負プラットフォーム専用保険の提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、【国内初】生成AIのリスクを補償する「生成AI専用保険」の提供開始

生保

日本生命、ペアローン利用者向け団体信用生命保険を10月発売

生保

ジブラルタ生命、変額保険(有期型)を発売

損保

楽天損保、自動車保険の商品ページに「10秒かんたんお見積り」を導入

損保

大同火災、那覇市消防局と連携し「住宅用火災警報器の普及促進」および「地震火災の啓発」の取り組みを実施

損保

SBI損保、「愛媛銀行×SBI損保実額補償がん保険」取り扱い開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、業界初『AIファンド予測サービス』開始

生保

住友生命、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の「運営管理機関手数料無料コース」発売

関連商品