シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜、『スマイリングロード』累計導入社数1,000社突破を発表

損保ジャパン日本興亜およびSOMPOリスケアマネジメント株式会社(以下「SOMPOリスケア」)が提供する、企業向け安全運転支援サービス『スマイリングロード』の累計導入社数が、2018年6月末に1,000社を突破した。
1.『スマイリングロード』の概要
・『スマイリングロード』は、IoT関連技術の活用によりドライバーの自発的・継続的な安全運転意識向上を促し、同時に管理者の効率的な指導を支援するサービスである。事故防止に貢献する業界初の企業向けテレマティクスサービスとして、2015年3月から提供を開始した。
・発売以降、お客さまの声をふまえて、ドライバーを「ほめる」機能や、ドライバー指導ツール・各種データの出力機能など、損保ジャパン日本興亜独自の機能を順次追加・拡充することで、導入企業の継続的な事故削減効果の向上に取り組んできた。
2.『スマイリングロード』の導入社数と事故削減効果
(1)導入状況(2018年6月末時点)
『スマイリングロード』の累計導入社数は1,000社、累計導入台数は40,000台を突破した。
(2)事故削減効果
『スマイリングロード』導入企業の事故件数は、導入初年度に全体で約20%減少した。また、一般的に、「慣れ」により効果が減少すると言われている二年度目についても、導入初年度と比較して、さらに約10%減少しており、継続的な事故削減効果があることが確認された。
3.今後の展開
損保ジャパン日本興亜とSOMPOリスケアは、今後も『スマイリングロード』を通じて先進技術や保険会社ならではのビッグデータ、自社で培った事故防止のノウハウ、そしてお客さまの声を活かしたサービスを提供し、安心・安全な社会の実現に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン日本興亜、【自動車保険】「弁護士費用特約」の補償拡大

損保

損保協会、自動運転に関する特設ページを開設

生保

SBI生命、生命保険料控除証明書の電子データによる提供

損保

損保ジャパン日本興亜、企業向け安全運転支援サービス『スマイリングロード』の機能拡充

生損

損保ジャパン日本興亜鹿児島支店、ひまわり生命鹿児島支社、全国健康保険協会鹿児島支部との健康経営普及促進にかかる協定を締結

損保

三井住友海上、AIを活用した「危険運転映像抽出サービス」の提供を開始

損保

損保ジャパン日本興亜、【国内初】国内取引信用保険『早期資金化サービス』を提供開始

共済

コープ共済連、保障内容を読み上げる音声案内サービス「Uni-Voice」を導入

損保

損保ジャパン日本興亜、大規模災害における保険金支払業務へのRPA活用

生保

日本生命、生体認証を活用したスマートフォンアプリ提供