シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、IT-Guardians 統合セキュリティ安心サポートパックの提供開始

あいおいニッセイ同和損保とコニカミノルタジャパン株式会社は、コニカミノルタジャパン「IT-Guardians 統合セキュリティパック」に、あいおいニッセイ同和損保の「サイバーセキュリティ保険」を自動付帯した「IT-Guardians統合セキュリティ安心サポートパック」の提供を6月11日に開始した。
コニカミノルタジャパンは、お客様の保守・運用負荷を減らし、さらに生産性の高いIT環境を提供することを目指して「IT-Guardians統合セキュリティパック」を2014年11月に発売し、今日まで多くの企業様に導入してきた。
そしてこの度、複雑化・多様化するネットワーク脅威へのさらなる備えとして、新たなサービス「IT-Guardians 統合セキュリティ安心サポートパック」を提供開始するものである。IT-Guardians 統合セキュリティ安心サポートパックについてサイバー攻撃による被害(業務妨害や情報漏えい等)に対して、原因・被害範囲の調査にかかる費用を補償する。
●参考:本サービスにセットされるサイバーセキュリティ保険の補償内容
・保険種類:サイバーセキュリティ保険
・支払限度額:賠償損害1,000万円、費用損害300万円
免責金額:なし
・保険期間:「IT-Guardians 統合セキュリティ安心サポートパック」の契約期間に準ずる(3年間または5年間)
・保険金を支払う場合
本製品の監視対象ネットワークの所有、使用または管理に起因する次のいずれかの事由に起因して、被保険者が被る損害※に対して、保険金を支払う。
①他人の情報の漏えいまたはそのおそれ。ただし、ネットワーク上に存在する電子情報の漏えいに起因するものに限る。
②マルウェア感染による他人の業務の阻害
■対象となる損害は次のとおりである。
1.賠償損害:①損害賠償金②争訟費用③権利保全行使費用④訴訟対応費用
2.費用損害:①事故対応費用②事故原因・被害範囲調査費用③社告宣伝活動費用④法律相談費用⑤コンサルティング費用⑥情報システム等復旧費用

関連記事(保険業界ニュース)

共済

コープ共済連、2018年9月に商品改定を実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、民泊事業者向け商品を発売

生保

三井住友海上あいおい生命、法人向け新商品「オーナーズロード」を発売

損保

あいおいニッセイ同和損保、スマートフォンを活用したリアルタイム損害調査「視界共有システム」を全国展開

損保

あいおいニッセイ同和損保、2017年度の収集ベルマーク約220万点を震災被災地の学校等に寄贈

生保

三井生命、東日本銀行にて無配当外貨建個人年金保険(積立利率更改型)『ステイゴールド』を販売開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、「データソリューション室」を新設

損保

あいおいニッセイ同和損保、 滋賀大学への寄付に対して「紺綬褒章」を受章

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動車管理業者向け商品の改定を実施

生保

太陽生命、百十四銀行と窓販提携、「My年金Best外貨」「My介護Best」の販売を開始