新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

トーア再保険、平成30年3月期決算を掲載

トーア再保険は平成30年3月期決算を掲載した。
■期末の事業概況(連結)
1.連結経営成績に関する定性的情報
経常収益は、保険引受収益が前連結会計年度に比べ41億円増加の2,381億円(うち正味収入保険料2,379億円)、資産運用収益が前連結会計年度に比べ6億円減少の165億円、その他経常収益が2億円となった結果、前連結会計年度に比べ34億円増加の2,549億円となった。一方、経常費用は、保険引受費用が前連結会計年度に比べ113億円増加の2,297億円(うち正味支払保険金1,658億円)、資産運用費用が前連結会計年度に比べ23億円減少の29億円、営業費及び一般管理費が前連結会計年度に比べ3億円減少の119億円、その他経常費用が5億円となった結果、前連結会計年度に比べ76億円増加の2,450億円となった。
以上の結果、経常利益は、前連結会計年度に比べ41億円減少の98億円となった。経常利益に特別損失、法人税等合計を加減した親会社株主に帰属する当期純利益は、前連結会計年度に比べ13億円減少の91億円となった。
2.連結財政状態に関する定性的情報
当連結会計年度末の総資産は、前連結会計年度末に比べ104億円減少し6,879億円となった。
また、当連結会計年度末の純資産は、前連結会計年度末に比べ86億円増加し2,005億円となった。
■期末の事業概況(単体)
1.経営成績に関する定性的情報
経常収益は、保険引受収益が前期に比べ20億円増加の1,894億円(うち正味収入保険料1,855億円)、資産運用収益が前期に比べ59億円減少の80億円、その他経常収益が2億円となった結果、前期に比べ38億円減少の1,976億円となった。一方、経常費用は、保険引受費用が前期に比べ79億円増加の1,828億円(うち正味支払保険金1,310億円)、資産運用費用が前期に比べ20億円減少の8億円、営業費及び一般管理費が前期に比べ6億円減少の83億円、その他経常費用が5億円となった結果、前期に比べ41億円増加の1,925億円となった。
以上の結果、経常利益は、前期に比べ79億円減少の51億円となった。経常利益に特別損失、法人税等合計を加減した当期純利益は、前期に比べ60億円減少の49億円となった。
2.財政状態に関する定性的情報
当期末の総資産は、前期末に比べ169億円減少し4,905億円となった。
また、当期末の純資産は、前期末に比べ18億円増加し1,289億円となった。
連結貸借対照表/連結損益計算書
http://www.toare.co.jp/html/pdf/renkets2018.pdf
貸借対照表/損益計算書
http://www.toare.co.jp/html/pdf/tantai2018.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

損保

トーア再保険、2024年3月期第3四半期業績を発表

損保

トーア再保険、令和6年能登半島地震災害に対する義援金拠出

損保

トーア再保険、生命保険査定者向けセミナーを開催

損保

トーア再保険、2023年度社会貢献活動強化月間で各種取組み

損保

トーア再保険、2023年度「STEP LIFE」開催

損保

トーア再保険、英文論文集「Japan’s Insurance Market 2023」を発行

損保

トーア再保険、小室淑恵氏による社内講演会を開催

損保

トーア再保険、有価証券報告書 第84期(2022年4月1日~2023年3月31日)を掲載

損保

トーア再保険、連結ソルベンシー・マージン比率を発表

損保

トーア再保険、2023年3月期決算を発表

関連商品