新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜、団体長期障害所得補償保険に「健康経営割引」を新設

損保ジャパン日本興亜は、従業員の健康維持・増進に積極的に取り組み「健康経営(※)」を重視する企業を支援するため、福利厚生制度として導入される団体長期障害所得補償保険に「健康経営割引」を7月に新設する。
(※)「健康経営」とは、従業員の健康維持・増進の取組みを経営的視点からとらえ、戦略的に実践することをいい、従業員への健康投資を行うことで、従業員の活力向上や生産性向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながるものと期待されている。
1.商品開発の背景
日本では、高齢化の進展に伴い、国民医療費は年間約40兆円にのぼり、社会保障費は増え続けている。政府は医療費削減のため、国民の健康維持・増進への取組みを積極的に後押ししている。
企業においても、少子高齢化に伴う労働人口の減少により、優秀な人材の確保、従業員の健康維持による労働生産性の向上がより重要となっている。
こうした中で、経済産業省を中心とした政府の推進により、「健康経営」に取り組む優良法人が社会的に評価される環境の整備が進み、2015年から「健康経営銘柄」の認定、2017年から「健康経営優良法人認定制度」が始まった。
このような社会的背景をふまえ、損保ジャパン日本興亜では、「健康経営優良法人」の認定を受けた企業や健康リスク対策を重視する企業など、「健康経営」を推進する企業を支援するため、団体長期障害所得補償保険に「健康経営割引」を新設する。
2.団体長期障害所得補償保険「健康経営割引」の新設
(1)団体長期障害所得補償保険について
団体長期障害所得補償保険は、企業が契約者となりその従業員を被保険者(補償の対象)とする団体保険で、従業員が病気やケガで長期間、就業することができない場合の収入を補償する。従業員に安心して療養に専念してもらうことで、企業の健康経営を支援する保険である。
(2)「健康経営割引」【新設】
2018年7月1日始期契約から、企業における健康リスク対策の状況を確認のうえ、最大5%の保険料割引を適用する。本割引は、企業を契約者とする契約が対象である。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、住まいの防災・減災情報の提供開始

損保

損保ジャパン、洋上風力発電所リスク評価モデルを刷新、保険引受の高度化に活用

生保

住友生命、不妊治療と仕事の両立を支援するWhodo整場(フウドセイバー)のオンラインセミナーを七十七銀行に提供

損保

あいおいニッセイ同和損保、東北大学および仙台放送が開発した企業向け運転技能向上トレーニングアプリ「BTOC」の提供を開始

損保

共栄火災、【業界初】国内旅行総合保険の救援者費用等補償特約の補償内容を拡大

損保

東京海上日動、【業界初】こどもの将来に向けた教育継続を支援する「教育継続支援特約」の販売開始

損保

損保ジャパン、戦略子会社少額短期保険「Mysurance」の累計契約件数が100万件突破

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】個人向け傷害保険にAI身体機能分析「Care Wizトルトforme」を付帯

生保

アフラック生命、がん保険の累計支払金額が9兆円を突破

生保

チューリッヒ生命、低解約払戻金型終身保険「終身保険プラチナ」を発売

関連商品