新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保協会、タカタ製エアバッグのリコールへの注意喚起

損保協会は、タカタ製エアバッグのリコールに関する発表をした。
「タカタ製エアバッグ」は、ガス発生装置(インフレータ)の不具合により、平成21年から順次リコールが行われているが、現在もリコール未改修の車両がある。このまま乗車していると異常破裂する危険性があるため、国土交通省が平成30年5月以降、リコール未改修車両について車検を通さない措置を講じている。
リコール対象車両は、国土交通省や自動車メーカーのホームページにて確認できる。リコール対象車両の場合は、事故を未然に防ぐためにも、販売ディーラーなどにて、一刻も早い改修を実施をすることとのことである。
詳細については、国土交通省ホームページを参照。
■http://www.mlit.go.jp/jidosha/carinf/rcl/recallinfo_003.html

関連記事(保険業界ニュース)

損保協会・団体

損保協会、軽消防自動車、高規格救急自動車を全国に12台寄贈

損保協会・団体

損保協会、「令和7年度税制改正要望」を決定

損保

損保協会、協会長ステートメントを発表

損保

損保協会、日本損害保険協会の役員改選を発表

損保

損保協会、自動運転の法的・実務的論点に関する報告書を作成

損保協会・団体

損保協会、令和5年度損保決算概況を公表

損保

損保協会、兵庫県を中心とした令和6年4月16日の降雹に係る各種損害保険の支払件数・支払保険金等を公表

損保協会・団体

損保協会、令和6年能登半島地震に係る地震保険の支払件数・支払保険金等について(2024年5月31日現在)

損保

損保協会、協会長ステートメントを発表

損保

損保協会、「損保一般試験」(募集人試験)の教育テキストをデジタル化

関連商品