シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、 高精度文書検索システム OpAI を導入

あいおいニッセイ同和損保と株式会社インテリジェントウェイブ(以下:IWI)は、4 月よりあいおいニッセイ同和損保の損害サービス部門において、保険金支払い業務に係るドキュメントの検索システムを導入している。 あいおいニッセイ同和損保は、2017 年 11 月より、OpAI(注 1)を活用した照会応答システム「教えてNAVI♪」の利用を開始し、営業部門において業務を効率化しており、今般、損害サービ ス部門においても業務効率化を推進する。
OpAI を利用した高精度文書検索システムでは、質問を自然文で入力することで多量の文書の中から欲しい情報をピンポイントに探し出すことができる。また、質問に対し、AI を活用した対話形式での絞り込みを行い、より早く、欲しい情報に到達することができる。自動車保険などの商品や代理店システムについての照会応答業務において、専門知識を有する担当部門へ問い合わせをする前に、本システムを活用することで業務効率化を実現する。
保険金支払い業務への本システムの導入により、多種多様な情報の横断検索機能を実装することができ、従前の人手による業務遂行に比べ、20%程度所要時間が短縮され、より早期に保険金を支払いが可能となる。
(注 1)OpAI(オーピーエーアイ)とは、口語や話し言葉による自然言語を適切に処理するための、IWI 独自の AI 技術を活用したソフトウェアである。曖昧な自然言語を処理して、言葉や質問の趣旨を理解し、検索システムが回答しやすい内容に変換して受け渡すことで、検索や情報処理の精度を高めることができる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

au損保とKDDI、授業で活用する「自転車ながらスマホを防ぐVR授業キット」を制作

損保

三井住友海上、シェアワーカー個人会員制度向け「シェアワーカーのもしもに備える シェアって安心プラン」の提供を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、群馬大学内に「次世代モビリティ事故・サービス研究室」を設置

損保

あいおいニッセイ同和損保、「第4回ホワイト企業アワード 2019」で受賞

生保

第一生命、2018年度『福利厚生制度に関する実態調査』を発行

生保

住友生命、「先進医療給付金の医療機関あて直接支払いサービス」 対応医療機関拡大

損保

アニコム損保、ペットにかける年間支出調査(2018年)を発表

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」-2月度調査-を発表

損保

損保ジャパン日本興亜、「シートベルトカバー型デバイス」による事故防止サービス開発に向けた実証実験開始

損保

ジェイアイ傷害火災、「住宅購入と火災保険」に関するアンケート調査結果を発表