新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

au損保がKDDI、ナビタイムジャパンと自転車ながらスマホの疑似体験 VR や危険性検証の実証実験を実施

au 損保、KDDI、ナビタイムジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:大西 啓介、以下 ナビタイム)は、3月20日より、自転車ながらスマホの撲滅、および高額賠償の備えに関する意識向上を図るため「自転車安全・安心プロジェクト第 2 弾」(以下「本プロジェクト」)を開始する。
同プロジェクトでは、「VR(バーチャルリアリティー)」により、自転車ながらスマホの危険性を疑似体験できる「STOP!自転車ながらスマホ体験 VR」を制作した。利用者は、VR を通じて自転車ながらスマホ時と、通常の自転車運転時の視野やブレーキ反応速度の比較を体験することができる。
同 VR は、今後さまざまなイベントなどで活用していく予定。
また、視線の動きを計測することで、ながらスマホをしながら自転車走行した場合の危険性を検証する実証実験を実施した。
さらに、年3月20日から4月19日の間、同プロジェクトに賛同して、au 公式 Twitter アカウントで投稿するキャンペーン対象ツイートをリツイートすると、抽選で 1,000 名にローソン ウチカフェプレミアムロールケーキが貰える「STOP!自転車ながらスマホキャンペーン」を実施する。
キャンペーンの詳細は、au ホームページ
( https://www.au.com/finance/campaign/nonlife-insurance/bicyclepj0320/ ) 、自転車
NAVITIME アプリお知らせサイト(http://products.navitime.co.jp/service/bicycle/)から確認のこと。
今後も、KDDI、ナビタイム、au 損保は、「自転車安全・安心プロジェクト」の展開を通じて、自転車を安全・安心に利用できる社会の実現を目指すとしている。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

イーデザイン損保、事故のない林道づくりに挑戦「金峰山古道復活プロジェクト」の発足とともに、クラウドファンディングがスタート

生保

SOMPOひまわり生命、新潟市との「健康増進に関する連携協定」を締結

生保

第一生命、仙台市と「勾当台・定禅寺通エリアのまちづくり等に関する連携協定」を締結

生保

住友生命、広島県尾道市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

日本生命、北海道森町およびENEOSと「森林を活用した脱炭素社会の実現」に関する連携協定を締結

生保

第一生命、山梨県と包括連携協定を締結

損保

あいおいニッセイ同和損保、サイバー事案に係る被害の未然防止や拡大防止等に向け、警察庁サイバー警察局と連携協定を締結

損保

auフィナンシャルグループ、LGBTQ+に関する取り組み指標「PRIDE指標」の最高位「ゴールド」を受賞

損保

au損保、「自転車ロードサービス」を拡充

生保

明治安田生命、函館市、函館市医師会健診検査センター、株式会社キャンサースキャンとの4者によるがん検診の新たな受診勧奨の試行実施

関連商品