シンニチ保険WEB

au損保がKDDI、ナビタイムジャパンと自転車ながらスマホの疑似体験 VR や危険性検証の実証実験を実施

au 損保、KDDI、ナビタイムジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:大西 啓介、以下 ナビタイム)は、3月20日より、自転車ながらスマホの撲滅、および高額賠償の備えに関する意識向上を図るため「自転車安全・安心プロジェクト第 2 弾」(以下「本プロジェクト」)を開始する。
同プロジェクトでは、「VR(バーチャルリアリティー)」により、自転車ながらスマホの危険性を疑似体験できる「STOP!自転車ながらスマホ体験 VR」を制作した。利用者は、VR を通じて自転車ながらスマホ時と、通常の自転車運転時の視野やブレーキ反応速度の比較を体験することができる。
同 VR は、今後さまざまなイベントなどで活用していく予定。
また、視線の動きを計測することで、ながらスマホをしながら自転車走行した場合の危険性を検証する実証実験を実施した。
さらに、年3月20日から4月19日の間、同プロジェクトに賛同して、au 公式 Twitter アカウントで投稿するキャンペーン対象ツイートをリツイートすると、抽選で 1,000 名にローソン ウチカフェプレミアムロールケーキが貰える「STOP!自転車ながらスマホキャンペーン」を実施する。
キャンペーンの詳細は、au ホームページ
( https://www.au.com/finance/campaign/nonlife-insurance/bicyclepj0320/ ) 、自転車
NAVITIME アプリお知らせサイト(http://products.navitime.co.jp/service/bicycle/)から確認のこと。
今後も、KDDI、ナビタイム、au 損保は、「自転車安全・安心プロジェクト」の展開を通じて、自転車を安全・安心に利用できる社会の実現を目指すとしている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、秋田銀行との「地方創生およびSDGsに関する連携協定」の締結

生保

明治安田生命、愛媛県新居浜市との「包括連携協定」を締結

生保

明治安田生命、東京都板橋区と「包括連携協定」締結

生保

明治安田生命、栃木県真岡市と「包括連携協定」締結

生保

明治安田生命、青森県十和田市、大分県臼杵市と「包括連携協定」を締結

損保

損保ジャパン、かながわ信用金庫とSDGsに関する包括連携協定を締結

生保

明治安田生命、全国健康保険協会 広島支部と「健康経営の普及促進に向けた相互協力・連携に関する連携協定」を締結

生保

明治安田生命、愛知県西尾市と「包括連携協定」を締結

生保

住友生命、Temasek Polytechnicと連携し、障がい者タレントエクスプローラープログラムを開始

生保

フコクしんらい生命、旭川信用金庫と共同寄付スキームの取扱い開始

関連商品