新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上が手話通訳サービスを活用した事故対応を開始

三井住友海上は、2月から、聴覚・発話障がいのあるお客さま等を対象に、手話通訳サービスを活用した事故対応を開始した。
これまで聴覚・発話に障がいのあるお客さまは、オフィシャルホームページ等からの事故報告や、住居近くの拠点への来店、代理店・家族等のサポートにより手続きを進めてきたが、より迅速かつ丁寧な事故対応を提供すべく、同サービスを導入することとした。
同サービスは、テレビ電話を通じてお客さまとオペレータが手話でやり取りし、それを同時にオペレータから当社担当者へ電話にて音声通訳するもの。リアルタイムにコミュニケーションを図れるほか、自動車保険・火災保険・傷害保険・新種保険の事故受付から保険金支払いまでの間、365日利用できるため、スムーズでより安心の事故対応が可能となる。
■サービスの概要
(1)開始時期:2018年2月
(2)対象種目:自動車保険、火災保険、傷害保険、新種保険
(3)対応拠点:全国の保険金お支払センター、事故受付センター
(4)提供時間:8:00~21:00(365日)
(5)利用方法:お客さまからスマートフォン無料通信アプリ「LINE」等(※)の「ビデオ通話」で連絡を受けると、手話通訳オペレータとテレビ電話で手話によるやり取りが可能となる。オペレータは、同時にその会話を電話で同社担当者へ音声通訳する。
(※)「Skype」、「FaceTime」のビデオ電話にも対応している。
各アカウントは当社オフィシャルホームページに掲載する。
(6)提携会社:株式会社プラスヴォイス

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SBI損保、【損保業界初】自動車保険の法人契約者へ睡眠障害リスク計測サービス「Sleep Doc」の無償提供を開始

損保

アニコム損保、オンライン保険金請求サービスの提供を開始

損保

三井住友海上、「2024世界柔道選手権大会」男女混合団体戦玉置桃選手が出場!日本代表チームが金メダル

損保

三井住友海上、ドライブレコーダー映像を活用した消防・救急活動の実証実験を開始

損保

三井住友海上、事故対応に生成AIの文章要約技術を導入

損保

三井住友海上、保険代理店と保険会社間の情報漏えいが判明

損保

大同火災、インターネット事故受付(火災保険)をリリース

損保

三井住友海上、「2024世界柔道選手権大会」で玉置 桃選手が銅メダルを獲得

損保

三井住友海上、高校生向け「損保版金融リテラシー教育の出前授業」を提供開始

損保

東京海上日動、お客様への価値提供の拡大に向けた「レジリエンス」の取り組みを公表

関連商品