新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

東京海上日動が新企業 CM「挑戦シリーズ『東京 2020 への挑戦(地方創生) 』篇」の放送開始

東京海上日動は、2月16日より、新企業 CM「挑戦シリーズ『東京 2020 への挑戦(地方創生)』篇」の放送を開始した。
新企業 CM では、「2020 年に向けた社会の変化への挑戦」をテーマにしており、同社が注力している〝地方創生〟に向けた取り組みのひとつである「インバウンド対応支援」を取り上げている。
CM は同社ホームページ内スペシャルサイト『挑戦』でも視聴できる。
■「挑戦シリーズ」について
東京海上グループは「100 年先も、お客様や地域社会の『いざ』というときにお役に立つ会社でありたい、そして、お客様や地域社会から信頼される『良い会社〝Good Company〟』を目指し続けたい」という強い思いを込めて、企業メッセージ「To Be a Good Company」を掲げている。
このグループメッセージのもと、災害発生時などの「有事の『いざ』」はもちろんのこと、人や社会が「一歩前にふみだすときの『いざ』」についても支えられる存在でありたいという思いを込めて、2015年2月より「すべての挑戦を支えていきたい」というテーマで企業広告を展開している。
■新企業 CM「挑戦シリーズ 『2020 への挑戦(地方創生)』篇」の内容
2020年に向け、外国からの観光客が増えつつある、とある旅館でおこる些細なコミュニケー
ションのすれ違いをコミカルに描きながら、〝有事の『いざ』〟だけでなく、〝一歩前にふみだすときの『いざ』〟の両方を同社が支援する様子を表している。
具体例として、訪日外国人の対応力強化を支援する「多言語電話通訳サービス(※)」等を取り上げながら、おもてなしを試みる旅館の新たな挑戦を描いている。
(※)「多言語電話通訳サービス」は、商工三団体の会員企業向けに販売している「ビジネス総合保険制度」の付帯サービス(インバウンドビジネス支援サービス)の一つ。24時間365日利用できる通訳専用のコールセンターで、10か国語に対応している。

■挑戦シリーズ「東京 2020 への挑戦(地方創生)」篇
舞台は風情あふれる温泉旅館。2020年が近づくにつれて、外国からのお客様が多くなり、旅館を営む夫婦は日々おもてなしに奮闘中。新たに訪れたフランス人夫婦との交流を通じて、日本中の挑戦を応援したいという同社の思いと、自らも挑戦していきたいという企業姿勢を伝えしている。30秒・2パターン、60秒・1パターンを制作している。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、新CM「信じられる、安心を。」シリーズ「わたしの担当がいる安心」篇の放送開始

損保

楽天損保、「楽天ペット保険×ポムポムプリンコラボキャンペーン!」を開催

損保

東京海上日動、業務委託先におけるランサムウェア被害に伴い情報漏えいのおそれ

生保

かんぽ生命、イメージキャラクター「かんぽさん」に磯村勇斗さんが就任

損保

東京海上日動、「ちょいのり保険(1日自動車保険)」専用LINE公式アカウントを新設

損保

東京海上日動、中小機構による「令和6年度中小企業強靱化のための事業計画策定支援等に係る業務を受託

生保

大樹生命、『こつりん。で夢をえがこう』キャンペーンを作品募集

損保

東京海上日動、浸水の即時把握を可能とする水災対策ソリューション「リアルタイムハザード」の提供開始

損保

アイペット損保、保有契約件数が90万件を突破

損保

イーデザイン損保、阿部サダヲさんが新CMに出演、6月20日からWeb公開・全国でもOA予定

関連商品