新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜が「子育てサポート企業」として認定マーク「くるみん」6回目を取得

損保ジャパン日本興亜は、1月19日付で、厚生労働省東京労働局から次世代育成支援対策推進法(以下「次世代法」)に基づく「くるみん」認定を取得した。今回の認定で、6回目の取得になる。
2017年4月1日から「くるみん」認定は、子育てサポート企業を多方面から評価する認定基準に変わったが、同社は、いずれの追加基準についても、積極的な取組みを継続しており、新しい基準においても認定を受けることができた。
1.「くるみん」認定に関連した主な取組み
(1)育児休業制度取得の環境整備
・「育休者フォーラム」の実施
育児休業者(以下「育休者」)とその上司、職場の同僚を対象に東京、名古屋、大阪、福岡の
4地区において「育休者フォーラム」を実施し、2015年度、2016年度の2年間の合計
で1090名の従業員が参加した。
・男性従業員の育児参加支援に関する取組み
男性の育児休業100%取得を目指し、本社から上司および本人に取得推進を連絡する体制を確立した。
(2)労働時間削減措置の実施
・労働時間削減の推進・定着
労働時間対策を含む基盤目標実行計画を管理職単位で策定し、長時間労働の抜本的な改善に取り組んだ。また、毎週水曜日、7月・8月は水曜日および金曜日を「全社一斉ノー残業デ
ー」とし、早帰りの推進・定着を図った。
・休暇取得の推進
連続有給休暇の取得徹底を図った。
・徹底した業務効率化へのチャレンジ
各人が、これまでの仕事を一から見直し、仕事の無駄の削減、効率化を追及するため、職場単位で具体的な取組みを設定した。
2.今後の取組み
引き続き、同社は、「従業員一人ひとりが、いきいきと働くことができ、互いの多様な働き方(価値観)を認める企業」を目指し、仕事と家庭の両立を図るための雇用環境の整備や、従業員全員がやりがいを持って働き続け、その能力発揮を支援することに取り組んでいくとしている。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

イーデザイン損保、カスタマーサポート表彰制度優秀賞を受賞

生保

明治安田生命、「2024年度カスタマーサポート表彰制度」において「特別賞」を受賞

生保

アフラック生命、「Insurance Asia Awards2024」で5年連続で受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、「Insurance AsiaAwards2024」で2部門を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、ドイツAutohaus誌の自動車ブランド保険評価にて現地トヨタ保険が11年連続13回目の総合1位を獲得

損保

MS&ADホールディングス、CVCが「GCVパワーリスト賞2024」に選出

生保

プルデンシャル生命、Forbes誌「World’s Best Insurance Companies2024」に選出

生保

SBI生命、ナビナビ保険「2024年版ナビナビ保険グランプリ」就業不能保険部門にて「働く人のたより」が3年連続第1位を獲得

損保

あいおいニッセイ同和損保、DXソリューションパッケージが日本DX大賞特別賞を受賞

生保

はなさく生命、LDK7月号「保険最新ランキング’24」において「はなさく収入保障」がベストバイを受賞

関連商品