新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上がオンデマンド型保険「1DAYレジャー保険」の販売を開始

三井住友海上は、「レジャーに行く時だけ」「ゴルフをする時だけ」など、必要な時のみ24時間単位で加入できる「1DAYレジャー保険」を開発し、2018年4月2日以降始期契約から販売を開始する。同商品は24時間単位で加入できる自動車保険「1DAY保険」に続く、オンデマンド型の商品。
昨今、シェアリングエコノミーに代表されるように、必要な時だけ使用や共有をしたいなど、お客さまのニーズは多様化している。また、健康に対する意識の高まりやワークライフバランスの推進により、今後、余暇時間をレジャーなどに活用する動きが進むことも予想される。
こうした社会環境の変化に伴い「1日単位で合理的に保険に加入したい」「レジャーに必要な補償のみ欲しい」というお客さまニーズが高まっており、同商品を開発した。
■新商品「1DAYレジャー保険」の概要
(1)商品名 :「1DAYレジャー保険」
(24時間単位型総合生活補償保険)
(2)契約タイプ :個人で加入する8タイプと幹事がまとめて加入する2タイプの計10タイプ
(3)保険料
①ひとりひとり手厚くプラン(個人で加入するタイプ)
補償内容に応じて500円または700円の2種類
②みんなまとめて安心プラン(幹事がまとめて加入するタイプ)
1名あたり300円
(4)補償内容 :ケガをした際の死亡保険金や入院時一時保険金、人をケガさせてしまった場合等の賠償保険金などに加え、捜索活動を補償する救援者費用、ホールインワン・アルバトロス費用など、レジャー内容に応じた補償が予めセットされている。
2.新商品「1DAYレジャー保険」の特徴
(1)24時間単位で加入可能
24時間単位で500円(複数人をまとめて補償する場合は300円)から契約できるため、必要な時に必要な期間だけ加入できる利便性の高い保険である。
(2)簡便な契約手続
スマートフォンから簡単に契約手続を行える。また保険料はスマートフォンの利用料金と合わせて支払うことができる。
(3)コンペ参加者がホールインワン達成者へ祝品を贈呈する費用を補償(業界初!)
1契約でコンペ参加者をまとめて補償する「ゴルフコンペの幹事さん向けタイプ」には、ホールインワン・アルバトロス達成時に達成者へ贈呈する祝品の購入費用を補償する特約がセットされている。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、住まいの防災・減災情報の提供開始

損保

損保ジャパン、洋上風力発電所リスク評価モデルを刷新、保険引受の高度化に活用

生保

住友生命、不妊治療と仕事の両立を支援するWhodo整場(フウドセイバー)のオンラインセミナーを七十七銀行に提供

損保

あいおいニッセイ同和損保、東北大学および仙台放送が開発した企業向け運転技能向上トレーニングアプリ「BTOC」の提供を開始

損保

共栄火災、【業界初】国内旅行総合保険の救援者費用等補償特約の補償内容を拡大

損保

東京海上日動、【業界初】こどもの将来に向けた教育継続を支援する「教育継続支援特約」の販売開始

損保

三井住友海上、「2024世界柔道選手権大会」男女混合団体戦玉置桃選手が出場!日本代表チームが金メダル

損保

三井住友海上、ドライブレコーダー映像を活用した消防・救急活動の実証実験を開始

損保

三井住友海上、事故対応に生成AIの文章要約技術を導入

損保

損保ジャパン、戦略子会社少額短期保険「Mysurance」の累計契約件数が100万件突破

関連商品