シンニチ保険WEB

三井住友海上がArithmer社とAIに関するアドバイザリー契約を締結

三井住友海上は、今般、東京大学発のベンチャー企業である Arithmer社(「アリスマー社」)とAIに関するアドバイザリー契約を締結した。今後、同社はアリスマー社と共同でAIの開発に取り組み、保険金支払い業務等への活用を検討していく。
同社は、今後も、さまざまな企業等との協業・提携を通じて、社外の知見やノウハウを幅広く取り入れ、革新的な商品・サービスの開発に努めていくとしている。
■取り組みの概要
アリスマー社との共同取組第一弾として、自動車の事故画像を読み込み、損傷部位や損傷程度を瞬時に判定するAIを開発した。同社は修理工場等から受領する事故車両の修理見積点検業務に本AIを活用し、早期に車両の損害額を確定させることにより、迅速な保険金支払いにつなげていく。
なお、現時点で、27種類の部品パーツを95%の精度で特定することが可能となっており、今後さらなるテスト運用を実施し、業務への活用を検討していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

日本郵便およびゆうちょ銀行、三井住友海上が連携し、投資信託取扱郵便局でiDeCoの対面相談受付サービスの開始

損保

三井住友海上、「2019グランドスラム・パリ」で近藤亜美選手が優勝

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、ロシアにおける戦略的提携契約を締結

損保

三井住友海上、「第68回別府大分毎日マラソン大会」で道下美里選手が優勝

損保

三井住友海上、「海外旅行キャンセル費用補償」の販売を開始

損保

三井住友海上、金融サービス事業の取組強化

損保

三井住友海上、データ活用ビジネスへの対応態勢を強化

損保

三井住友海上とNTTデータ、『Grow Together』×『豊洲の港から』presentsオープンイノベーションビジネスコンテスト結果発表

損保

三井住友海上、日本観光通訳協会会員向け「全国通訳案内士賠償責任保険」の販売を開始

損保

三井住友海上・あいおいニッセイ同和損保、後続車無人システムを用いたトラック隊列走行向けの自動車保険を開発