シンニチ保険WEB

三井住友海上がArithmer社とAIに関するアドバイザリー契約を締結

三井住友海上は、今般、東京大学発のベンチャー企業である Arithmer社(「アリスマー社」)とAIに関するアドバイザリー契約を締結した。今後、同社はアリスマー社と共同でAIの開発に取り組み、保険金支払い業務等への活用を検討していく。
同社は、今後も、さまざまな企業等との協業・提携を通じて、社外の知見やノウハウを幅広く取り入れ、革新的な商品・サービスの開発に努めていくとしている。
■取り組みの概要
アリスマー社との共同取組第一弾として、自動車の事故画像を読み込み、損傷部位や損傷程度を瞬時に判定するAIを開発した。同社は修理工場等から受領する事故車両の修理見積点検業務に本AIを活用し、早期に車両の損害額を確定させることにより、迅速な保険金支払いにつなげていく。
なお、現時点で、27種類の部品パーツを95%の精度で特定することが可能となっており、今後さらなるテスト運用を実施し、業務への活用を検討していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上の荒井千鶴選手が「2018グランドスラム・パリ」で準優勝

損保

三井住友海上がオンデマンド型保険「1DAYレジャー保険」の販売を開始

損保

三井住友海上が東京商工会議所と「東京都職域健康促進サポート事業」に関する協定を締結

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、インターリスク総研がベライゾン社、ビットサイト社との協業による多面的サイバーリスク評価サービスを開始

損保

三井住友海上がブロックチェーン技術を活用した保険申込書類の確認業務における実証実験を開始

損保

損保ジャパン日本興亜がRPAの本格導入による生産性向上

損保

三井住友海上が平成29年度「東京都女性活躍推進大賞」を受賞

損保

三井住友海上ならびにあいおいニッセイ同和損保が「広域災害立会管理システム」の運用を開始

損保

三井住友海上が企業と生物多様性に関するシンポジウムを開催

生保

富国生命、セキュリティ強化アプリケーション「あんしん電話帳」を開発・導入