シンニチ保険WEB

三井住友海上が平成29年度「東京都女性活躍推進大賞」を受賞

三井住友海上は、今般、平成29年度「東京都女性活躍推進大賞」の産業分野において、大賞を受賞した。
同制度は、すべての女性が意欲と能力に応じて、多様な生き方が選択できる社会の実現に向けて、女性の活躍推進に取り組む企業や団体および個人に贈呈されるもの。
同社は、今後も、多様な社員が健康でいきいきと、やりがいをもって働くことのできる人事制度や職場環境を整備し、企業価値の向上と持続的成長の実現を目指すとしている。
1.「東京都女性活躍推進大賞」の概要
(1)本制度は、すべての女性が意欲と能力に応じて多様な生き方が選択できる社会の実現に向け、女性活躍推進の気運を醸成するために、平成26年度に創設された。
(2)企業・団体部門は産業、医療・福祉、教育、地域の4分野について、各々の審査基準に基づき、大賞、優秀賞が選定される。
2.受賞理由
次のように、女性活躍推進だけでなく、全社員の総活躍につながる取り組みが、総合的に評価された。
・施策を総合的に展開し、女性活躍のみならず、全体的に成果に表れている点が高く評価できる。
・特に女性社員の職域拡大に係る取組は、女性管理職登用につながる重要な取組として高く評価したい。
3.同社の取組内容と効果
(1)取組内容
①女性社員の管理職登用・職域拡大
2017年度に新設した「MS女性アカデミー」をはじめとした管理職・管理職候補者の階層ごとの人財育成体系の整備や、営業を担う女性社員向けに、事例集やノウハウを掲載した専用サイトを構築する等、女性社員の管理職登用・職域拡大に向けた取り組みを総合的に推進している。
②社員の意識・行動変革を図る働き方改革
在宅勤務を含むテレワークの全正社員対象化や、「遅くとも原則19時前退社」ルールの開始等、働き方改革に取り組んでいる。
③就業継続を支援するための人事制度の整備
産休から復職までのトータルサポート体制や、育児休業中に在宅で定型業務ができる「MSクラウドソーシング」の仕組みを導入する等、キャリアロスの最小化やスムーズな復職を支援している。
(2)効果
・女性管理職数の増加(平成25年:90名 → 平成29年:262名)
・営業担当の女性比率の増加(平成27年:23.5% → 平成29年:32.1%)
・出産後就業継続率の向上(平成26年:92.9% → 平成28年:97.8%)
・女性の活躍推進に加え、労働時間の削減や男性の育児休業取得者の増加等、総合的な効果が出ている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、「コンタクトセンター・アワード2019」において「リーダー・オブ・ザ・イヤー賞」を2年連続受賞

生保

第一生命、国連責任投資原則(PRI※)2019年アセスメント結果で2年連続で全分野グローバル平均以上の評価を獲得

生保

朝日生命、「7大疾病一時金特約」を発売

生保

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、「コンタクトセンター・アワード2019」で審査員特別賞を受賞

損保

三井住友海上女子柔道部・新井千鶴選手と玉置桃選手が「2019世界柔道選手権東京大会」日本代表として出場、男女混合団体戦で金メダル獲得

生保

アクサ生命、静岡県と包括連携協定を締結

生保

チューリッヒ生命、契約者向けにオンライン健康相談サービス「Doctors Me」を導入

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、「スマホ決済事業者総合補償プラン」の販売を開始

生保

第一生命、「就業不能保険」を発売

損保

三井住友海上、アドバンスクラブとドコモ「防災及び災害対処活動に関する相互協力協定」を締結