シンニチ保険WEB

東京海上日動が業界で初めて「シェアリングエコノミーに対応した自動車保険」を開発

東京海上日動は、シェアリングエコノミーが普及しつつある昨今の社会環境の変化を捉え、業界として初めて、「シェアリングエコノミーに対応した自動車保険」を開発し、販売を開始することとした。
●開発の背景
シェアリングエコノミーは個人や社会に対して新たな価値を提供し、経済の活性化・生活の利便性向上に資することが期待されている。また、シェアリングエコノミーを活用することで、遊休資産の有効利用・社会課題解決も期待されており、国内シェアリングエコノミーの市場規模も拡大傾向にある。
シェアリングエコノミーにより提供されるサービスは様々だが、例えば、個人が所有する駐車場を貸し出すサービス等、自動車の利用を前提としたサービスが提供され始めている状況を踏まえ、同社は「シェアリングエコノミーに対応した自動車保険」を新たに開発した。
●「シェアリングエコノミーに対応した自動車保険」の概要
○商品の概要
シェアリングエコノミーにおいて、マッチングにより結び付けられたサービス利用者またはサービス提供者(以下、利用者等)が、自動車を使用することで生じた事故による損害は、一般的に利用者等が加入している自動車保険で補償されるが、状況により当該自動車保険では十分な補償が提供されない可能性がある。このような場合に、あらかじめマッチングビジネス事業者が契約者となり加入した「シェアリングエコノミーに対応した自動車保険(※)」により不足する補償を提供することで、円滑な被害者救済を実現する。
※TAP(一般自動車保険)に「マッチングビジネス事業者向け自動車保険特約」を付帯して提供する。
なお、同商品の契約にあたっては、サービスの利用・提供において自動車保険(対人・対物賠償責任保険)への加入が条件であることを、サービス利用規約への記載等により利用者等へ周知している必要がある。
1.契約者:マッチングビジネス事業者
2.被保険者:
・マッチングビジネス事業者(記名被保険者)
・シェアリングエコノミーにかかるサービスの利用者等(その他被保険者)
3.契約の車:その他被保険者が使用する自動車
4.補償内容:サービス利用・提供中に生じた対人・対物事故により、被保険者が負う法律上の損害賠償責任の額が、その他被保険者等の加入している自動車保険で支払える額を超過する場合や、免責により支払えない場合等に、不足する額を補償する(上乗せ補償)。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ニッセイ・ウェルス生命、大分銀行を通じ『悠々時間アドバンス(円建/米ドル建/豪ドル建)』を販売開始

生保

第一生命、かんたん告知「認知症保険」の販売件数が5万件を突破

生保

アクサ生命、鳥取信用金庫を通じて『ユニット・リンク保険(有期型)』の提供を開始

生保

チューリッヒ生命、「定期保険プレミアムDX」、「収入保障保険プレミアムDX」を4月2日より発売

損保

あいおいニッセイ同和損保、中京銀行の住宅ローン債務者向けに、住宅ローン返済保障の提供を開始

損保

SOMPOホールディングス、タイのロンガン農家向け『天候インデックス保険』販売開始

損保

ソニー損保、「先進医療保険金 医療機関あて直接支払サービス」の対応医療機関を追加

生保

T&Dフィナンシャル生命、岡崎信用金庫にて無配当終身保険(死亡保険金額増加・Ⅰ型)『みんなにやさしい終身保険』の販売を開始

生保

太陽生命、南都銀行にて「My介護Best」の販売を開始

損保

三井住友海上、「海外旅行キャンセル費用補償」の販売を開始