シンニチ保険WEB

エイチ・エス損保が海外旅行保険を改定

エイチ・エス損保では、2018年4月1日以降に海外へ出発するお客様の契約から海外旅行保険の商品改定を実施し、2017年12月25日から販売を開始しする。
近年、海外における医療費の水準の上昇や為替水準(円安)を背景に、海外旅行中のケガや病気の治療費用を補償する保険金の支払いが増加している。これに伴い損害保険料率算出機構において、「海外旅行傷害保険参考純率」(以下、「参考純率」)および「標準約款」の改定を行った。この改定に伴い、同社の海外旅行保険においても改定を実施することとした。
1. 保険料の改定
保険料を平均で約3.4%※引き上げる。「参考純率」の改定率は20.1%の引き上げだが、同社では、「参考純率」の改定を踏まえたうえで同社の収支状況を加味し、約3.4%※の引き上げとした。
※特約、保険期間により保険料が上がる場合、下がる場合がありる。
2. 約款の改定
約款改定の主な内容は、次のとおり。
(1)スカイダイビング、航空機操縦、山岳登はん等の危険な運動中のケガについては免責とする。これらのケガの補償を希望する場合には、新設特約である「運動危険等補償特約」を付帯することにより補償可能。
(2)感染症について、従来は対象となる感染症名を列挙していたが、この方式を改め、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(以下「感染症法」)に規定する1類~4類の感染症」と変更する。なお、これによる2017年12月25日現在の対象感染症に変更はない。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

カーディフ生命、団体信用生命保険の保険金・給付金請求手続きのSMS通知サービスを開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、横浜銀行を通じ、『つみたてねんきん2(外貨建)』を販売開始

損保

東京海上日動、「地震に備えるEQuick保険 Amazonギフト券対応版」の販売開始

生保

PGF生命、十六銀行で「米国ドル建終身保険(保険料円払込型)」を販売開始

生保

第一生命、ミレニアル世代向け「デジホ」の新商品を第一スマート少額短期保険より提供開始

損保

東京海上日動、糖尿病治療支援保険を開発

生保

アフラック生命、「生きる」を創るがん保険WINGSを発売

生保

ソニー生命、「変額個人年金保険(無告知型)22(無配当)」および「一時払変額個人年金保険(無告知型)22(無配当)」を発売

損保

損保ジャパン、「PayPayほけん」ミニアプリ「コロナお見舞い金」販売停止

損保

東京海上日動、中小企業向けハラスメント再発防止費用を補償する特約を新設

関連商品