シンニチ保険WEB

トーア再保険が平成30年3月期中間期の事業概況を公表

トーア損保は、平成30年3月期中間期の事業概況を公表した。
■連結
1.連結経営成績に関する定性的情報
経常収益は、保険引受収益が前年同期に比べ31億円増加の1,124億円(うち正味収入保険料1,116億円)、資産運用収益が前年同期に比べ12億円減少の86億円、その他経常収益が54百万円となった結果、前年同期に比べ18億円増加の1,211億円となった。
一方、経常費用は、保険引受費用が前年同期に比べ113億円増加の1,085億円(うち正味支払保険金784億円)、資産運用費用が前年同期に比べ4億円減少の14億円、営業費及び一般管理費が前年同期に比べ3億円減少の57億円、その他経常費用が4億円となった結果、前年同期に比べ101億円増加の1,162億円となった。
以上の結果、経常利益は前年同期に比べ82億円減少の49億円となった。経常利益に特別損失、法人税等合計を加減した親会社株主に帰属する中間純利益は、前年同期に比べ39億円減少の46億円となった。
2.連結財政状態に関する定性的情報
当中間連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末に比べ246億円減少し6,738億円となった。
また、当中間連結会計期間末の純資産は、前連結会計年度末に比べ44億円増加し1,963億円となった。
■単体
1.経営成績に関する定性的情報
経常収益は、保険引受収益が前年同期に比べ3億円増加の886億円(うち正味収入保険料866億円)、資産運用収益が前年同期に比べ5億円減少の40億円、その他経常収益が53百万円となった結果、前年同期に比べ2億円減少の927億円となった。
一方、経常費用は、保険引受費用が前年同期に比べ100億円増加の874億円(うち正味支払保険金636億円)、資産運用費用が前年同期に比べ7億円減少の54百万円、営業費及び一般管理費が前年同期に比べ3億円減少の39億円、その他経常費用が4億円となった結果、前年同期に比べ85億円増加の920億円となった。
以上の結果、経常利益は前年同期に比べ87億円減少の7億円となりました。経常利益に特別損失、法人税等合計を加減した当中間純利益は、前年同期に比べ44億円減少の14億円となった。
2.財政状態に関する定性的情報
当中間期末の総資産は、前期末に比べ239億円減少し4,835億円となった。また、当中間期末の純資産は、前期末に比べ8億円増加し1,279億円となった。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

トーア再保険、日本ユニセフ協会へ外国コイン・紙幣を寄付

損保

トーア再保険、使用済み切手を寄付

損保

トーア再保険、2022年3月期の業績を発表

損保

トーア再保険、ウクライナおよび近隣国における人道支援活動に対する義援金を拠出

損保

トーア再保険、本社ビル使用電力の再生可能エネルギー由来電力への切替えを発表

損保

楽天損保、「ドライブアシスト(個人用自動車保険)」の新規インターネット販売件数が対前年比2.7倍の伸長

生保

太陽生命、6月1日に発売した「ガン・重大疾病予防保険」の販売件数が1万件突破

生保

三井住友海上プライマリー生命、通貨選択型特別終身保険(『やさしさ、つなぐ2』等)の累計販売額が2兆円を突破

損保

トーア再保険、役員、部・室長等の人事異動および機構改革を発表

損保

トーア再保険、千代田区立小学校への環境関連書籍寄贈

関連商品