新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保が中堅・中小企業向け新型サイバー保険の販売を開始

三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保は、中堅・中小企業のサイバー攻撃リスクに幅広く対応する新型サイバー保険を共同開発し、2018年1月1日以降始期契約から販売を開始する。
サイバー攻撃の手法は日々巧妙化し、規模も拡大傾向にあるほか、その対象は大企業・行政機関にとどまらず中堅・中小企業にも広がっている。こうした中堅・中小企業を取り巻く環境変化を踏まえ、お客様の補償ニーズに幅広く対応するため、同商品を開発した。
■新商品の特長
1.わかりやすい「プラン型」商品
中堅・中小企業を対象に、3つのプランから選択できる「プラン型」を採用し、わかりやすい商品設計としている。最も補償が広い充実プラン(三井住友海上:プレミアムプラン、あいおいニッセイ同和損保:ワイドプラン)では、海外で損害賠償請求を受けた場合にも対応する。
2.サイバー攻撃等によって発生する対応・対策費用の補償の強化
新型サイバー保険の充実プランでは、お客様のニーズに合わせ、主に次の費用を追加した。
・公的調査対応費用
・被害拡大防止費用
・情報システム等復旧費用
・再発防止費用
3.情報セキュリティ関連サービスの提供
インターリスク総研による「情報セキュリティ診断サービス」「標的型メール訓練サービス」「標的型メール攻撃対策セミナー・研修(管理職層向け)」といった情報セキュリティ関連サービスを提供する。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、住まいの防災・減災情報の提供開始

損保

損保ジャパン、洋上風力発電所リスク評価モデルを刷新、保険引受の高度化に活用

生保

住友生命、不妊治療と仕事の両立を支援するWhodo整場(フウドセイバー)のオンラインセミナーを七十七銀行に提供

損保

あいおいニッセイ同和損保、東北大学および仙台放送が開発した企業向け運転技能向上トレーニングアプリ「BTOC」の提供を開始

損保

共栄火災、【業界初】国内旅行総合保険の救援者費用等補償特約の補償内容を拡大

損保

東京海上日動、【業界初】こどもの将来に向けた教育継続を支援する「教育継続支援特約」の販売開始

損保

三井住友海上、「2024世界柔道選手権大会」男女混合団体戦玉置桃選手が出場!日本代表チームが金メダル

損保

三井住友海上、ドライブレコーダー映像を活用した消防・救急活動の実証実験を開始

損保

三井住友海上、事故対応に生成AIの文章要約技術を導入

損保

損保ジャパン、戦略子会社少額短期保険「Mysurance」の累計契約件数が100万件突破

関連商品