シンニチ保険WEB

トーア再保険がロイズからSPAの設立に関する原則的な承認を取得

トーア再保険は、10月26日付で、ロイズより Special Purpose Arrangement(以下「SPA」)の設立に関する原則的な承認を取得した。今後、ロイズによる正式認可を前提に、2018年1月1日より引受を開始する予定。
SPA は、ロイズのホストシンジケートが引き受けた(再)保険契約を比例再保険で引き受けるロイズシンジケートの一形態である。同社が設立する SPA6132(2018 年のキャパシティ(当初見込): GBP 31.4 Million)は、Barbican Insurance Group の BarbicanSyndicate 1955 をホストシンジケートとし、同シンジケートの Whole Account QuotaShare再保険契約の引受を行う予定。
また、SPA の管理・運営を行うマネージングエージェントとして、ホストシンジケートと同じBarbican Managing Agency Limited を選定した。
Barbican Syndicate 1955 は、2007 年に設立されたシンジケートで、経営陣・主要なアンダーライターはロイズおよび保険会社において 20 年以上の豊かな経験を有するスペシャリストで構成されている。
同社は、今回の SPA の設立を通じ、ロイズマーケットへのアクセスの強化によって欧州の損害再保険ビジネスの基盤強化を図り、同社グループのさらなる持続的成長に向けた取組みを進めていくとしている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

カーディフ生命、INSURANCE ASIA AWARDS 2022を受賞

損保

日新火災、「マンション管理適正化診断サービス」の診断件数が累計15,000件を突破

生保

オリックス生命、長崎ビジネスセンターが「N ぴか」で最高評価五つ星を取得

生保

ソニー生命、「NTT コム オンライン NPS(R)ベンチマーク調査2022」の2部門で第1位を受賞

損保

MS&ADベンチャーズのパートナーが「シリコンバレーで活躍する女性リーダー」に選出

生保

明治安田生命、「2022年度カスタマーサポート表彰制度」において「優秀賞」を受賞

損保

MS&ADホールディングス、CVCが「GCVパワーリスト賞2022」で第16位に選出

損保

あいおいニッセイ同和損保、ドイツAutohaus誌の自動車ブランド保険評価で現地トヨタ保険が9年連続11回目の総合1位を獲得

生保

SBI生命、第6回「提案募集」の受賞者発表~大賞は「ペット信託付きの生命保険に関するアイデア」

生保

SBI生命「HDI認定チームアワード」を受賞

関連商品