シンニチ保険WEB

損保協会が台風18号にかかる支払保険金(見込含む)等を調査

損保協会は、台風18号にかかる支払保険金(見込含む)等の調査を実施し、9月29日現在の数値を公表した。
それによると、支払い件数は44,942件、支払保険金(見込含む)は236億2,600万円となった。
保険種類別では、車両保険(商品車含む)が8,616台、23億1,074万円、火災保険が34,514件、201億5,895万円、新種保険(傷害保険含む)が1,812件、11億5,630万円であった。

関連記事(保険業界ニュース)

損保協会・団体

損保協会、軽消防自動車、高規格救急自動車を全国に19台を寄贈

損保協会・団体

損保協会、2021年度損害保険代理店統計

損保協会・団体

損保協会、「令和5年度税制改正要望」を決定

損保

損保協会、協会長就任ステートメントを発表

損保協会・団体

損保協会、令和3年度損保決算概況を発表

損保協会・団体

損保協会、協会長ステートメントを公開

損保協会・団体

損保協会、損害保険の引受・支払実務における遺伝情報の取扱いを公表

損保

損保協会、令和4年福島県沖を震源とする地震に係る地震保険の事故受付件数(2022年3月31日現在)を発表

損保協会・団体

損保協会、2022年度全国統一防火標語は「お出かけは マスク戸締り 火の用心」

協会・団体損保

損保協会、協会長ステートメントを発表

関連商品