シンニチ保険WEB

三井ダイレクトが『UCDAアワード2017』において、アナザーボイス賞(保険・クレジット・公共サービス分野)を受賞

三井ダイレクトは、一般社団法人 ユニバーサル コミュニケーション デザイン協会が主催する『UCDAアワード2017』において、アナザーボイス賞(保険・クレジット・公共サービス分野)を受賞した。昨年・一昨年の2年連続『UCDAアワード』受賞に続いての受賞であり、また今年度は損害保険会社で唯一の受賞となった。
UCDAアワードは、企業(団体)・行政が生活者に発信するさまざまな情報媒体を、産業・学術・生活者の知見により開発した尺度を使用して「第三者」が客観的に評価し、優れたコミュニケーション デザインを表彰するものである。今回受賞した『アナザーボイス賞』は、選考する生活者・専門家のうち、生活者の評価が高い対象物に贈られる賞である。
受賞理由は以下のとおり。
・情報量を抑えることでメリハリのあるレイアウトを実現している
・色使いと手続きのわかりやすさは、生活者から圧倒的な支持を得た
・色数の抑制や文章の簡素化、フォントの工夫など意欲的に改善へ取り組み、可読性を高めている
今回の評価対象物である「払込依頼のお知らせ」について、同社では、月払で保険料を払い込んでいるお客さまのクレジットカードが利用できない場合に発送する案内書面が該当する。この書面は万が一の事故の場合の保険金の支払とも連動するなど、非常に大切なご案内となっている。一方で、未払い保険料の払込期日と補償との関係など、一般消費者の方には分かりづらい面もある。
同社では、改善に向けては社内で検討チームを立ち上げ、できるかぎり情報量を減らして簡素化するとともに、手続期限や必要となるお手続きについては、一見して分かるよう図やWebサイトの画面を活用した案内書面をあらたに作成した。これらの改善取組が評価され、今回の受賞に繋がったものと考えている。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、所属の5選手がアジア大会ほか国際大会の日本代表に決定・推薦

損保

三井ダイレクト損保、「三井ダイレクト損保スマイル基金」5月投票結果を発表

損保

東京海上日動火災、「Innovation in Insurance Awards」を受賞

損保

大同火災、上間社長が那覇地区交通安全協会長に就任

生保

第一生命ホールディングス、責任投資の代表指標の構成銘柄に選定

損保

損保ジャパン日本興亜、平成30年度山梨県男女共同参画推進事業者として表彰

損保

三井住友海上、「第68回全日本実業柔道団体対抗大会」で女子柔道部が優勝

損保

三井ダイレクト損保、HDI格付けベンチマーク、三つ星獲得に伴う授与式を開催

損保

あいおいニッセイ同和損保、 滋賀大学への寄付に対して「紺綬褒章」を受章

損保

MS&ADホールディングス、ISO27001情報セキュリティマネジメントシステムの認証を取得