シンニチ保険WEB

東京海上日動火災、生体データとドライブレコーダデータを統合したサービス開始

東京海上日動火災と東京海上日動リスクコンサルティングは、10 月1日より生体(疲労・眠気)データとドライブレコーダデータ(車内・車外映像)を統合したコンサルティングサービスの提供を開始する。
従来から、同社および TRC では「ドライブレコーダを活用した企業様の交通安全教育支援サービス」を提供してきたが、この度、本サービスで取得する情報に生体データや車内映像を加えることで自動車事故・ヒヤリハットの原因を特定することができ、より高度な交通安全教育の支援・アドバイスができるようになった。
同社および TRC は同サービスの提供を通じ企業様の更なる自動車事故削減に貢献していくとしている。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、「地震に備えるEQuick保険 Amazonギフト券対応版」の販売開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、テレマの契約者向けに「長く運転を楽しむため」のコンテンツを提供

損保

東京海上日動、中小企業向け育児休業延長時の費用を補償開始

生保

ジブラルタ生命、新サービス「電子通知」を開始

損保

東京海上日動、糖尿病治療支援保険を開発

生保

ソニー生命、「保険契約者代理請求人制度に関する特則」「後継年金受取人制度に関する特則」の取扱開始

損保

東京海上日動、東京ガスと電力の供給力確保に貢献する協業供給力確保に貢献する協業を開始

損保

東京海上日動、中小企業向けハラスメント再発防止費用を補償する特約を新設

損保

東京海上日動、東京海上ディーアール、自治体のオープンデータを活用した「災害体験 AR」を高度化へ

生保

メットライフ生命、神戸市立高校の家庭科教職員向け金融教育研修を実施

関連商品