シンニチ保険WEB

三井住友海上、「江戸のみどり登録緑地」初の優良緑地として登録

三井住友海上は、9月20日に東京都の「江戸のみどり登録緑地」として初めて優良緑地に登録された。本登録は、三井住友海上駿河台ビルおよび駿河台新館における在来種植栽をはじめとする生態系に配慮した緑化などが評価されたもの。
同社は、2014年度に2か年事業である「江戸のみどり復活事業(官民連携)」に参画した際、東京都と連携して植栽管理に関する課題解決策の検証を行い、その後も引き続き在来種植栽の本格的な普及に取り組んでいる。また、本年7月に東京都と包括連携協定(ワイドコラボ協定)を締結し、地域社会の発展と都民サービスのさらなる向上を図るため、「環境に関すること」を含む9つの分野で包括的な事業連携に取り組んでいる。
▽登録された緑地について
(1)登録緑地【優良緑地】
三井住友海上駿河台ビルおよび駿河台新館
(所在地:東京都千代田区神田駿河台)
(2)評価された点
・在来種植栽をはじめとする生態系に配慮した緑化
・化学薬品を用いた除草剤等の使用量の低減
・専門家による生きもののモニタリングと緑地管理への反映

関連記事(保険業界ニュース)

生保

カーディフ生命、INSURANCE ASIA AWARDS 2022を受賞

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、「Transverse社」の買収手続き開始を決定

損保

日新火災、「マンション管理適正化診断サービス」の診断件数が累計15,000件を突破

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、災害対策支援保険を発売

生保

オリックス生命、長崎ビジネスセンターが「N ぴか」で最高評価五つ星を取得

生保

ソニー生命、「NTT コム オンライン NPS(R)ベンチマーク調査2022」の2部門で第1位を受賞

損保

MS&ADベンチャーズのパートナーが「シリコンバレーで活躍する女性リーダー」に選出

損保

三井住友海上、NFTアート専用保険の提供開始

損保

三井住友海上とJAXA、「宇宙旅行保険事業」に関する共創活動を開始

損保

三井住友海上、「2022グランドスラム・ハンガリー」で舟久保 遥香選手が優勝

関連商品