新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

東京海上日動、FINOLABに参画

東京海上日動は、日本初の金融オープンイノベーション拠点「The FinTech Center of Tokyo, FINOLAB」(以下、FINOLAB)に保険会社として初めて参画する。
1.FINOLAB 概要
FINOLAB は、世界有数の国際金融センターである東京・大手町エリアを拠点とする、FinTech のエコシステムの形成および新規ビジネス創出を目的としたコミュニティ&スペースである。三菱地所、電通、および電通国際情報サービスが共同運営し、国内外のスタートアップ39 社および事業法人9 社が会員として参画している。(2017年8月現在)
またFINOLAB では、FinTech スタートアップと参画企業による共同研究の推進、国内外の投資家や需要家へのプレゼンテーションとマッチング機会の創出、専門家によるメンタリング(注1)、国内外のパブリックセクターとの連携、FinTech 領域のスタートアップ企業を支援するイベント(セミナー、マッチングイベントなど)の開催などを行っている。
(注1) FinTech ビジネス立ち上げの専門家や金融事業領域の専門家などが、ビジネスモデルのブラッシュアップ、実際の事業立ち上げの支援をすること。
2.参画の狙い
(1)FinTech スタートアップ企業、および他業種の大企業とのオープンイノベーションの推進により、既存の枠組みに捉われない新たなサービスやビジネスモデルを開発する。
(2)短いサイクルで仮説の構築と検証を繰り返し、新たなサービスやビジネスモデルの早期具現化を図る。
(3)「InsurTech(注2)コンソーシアム」の事務局運営を通じ、InsurTech におけるエコシステムを構築し、FinTech・InsurTech 市場の健全な成長に貢献していく。
(注2)InsurTech は保険(Insurance)とTech を合わせた造語で、データ解析やAI など先進テクノロジーを活用した新しい保険ビジネスモデルのこと。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

大同火災、インターネット事故受付(火災保険)をリリース

損保

三井住友海上、高校生向け「損保版金融リテラシー教育の出前授業」を提供開始

損保

東京海上日動、お客様への価値提供の拡大に向けた「レジリエンス」の取り組みを公表

損保

MS&ADインターリスク総研、「自然災害時アクションサポートサービス」の提供開始

損保

東京海上日動とアニコムがペット保険を共同で販売

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動車修理工場のサービス品質可視化・ESG経営推進に向けた取り組みを開始

生保

ジブラルタ生命、「ドリームナイト・アット・ザ・ズー」開催動物園・水族館をサポート

生保

SBI生命、保有契約の加入者数が50万人を突破

生保

FWD生命、ウェルスナビの新サービスに『FWD収入保障<WEB専用>』を提供

損保

東京海上日動、サイバーリスク評価の高度化ならびに企業のサイバーセキュリティ強化に向けたアマゾンウェブサービス(AWS)との技術連携

関連商品