シンニチ保険WEB

SOMPOホールディングスグループとアイアル少額短期保険、介護度改善を応援する専用保険「明日へのちから」の提供開始

SOMPOホールディングスグループとアイアル少額短期保険(以下「アイアル少短」)は、介護度改善を応援する国内初の専用保険『明日へのちから』の提供を9月1日から開始する。両社は、保険商品の介護予防への貢献に関する共同研究を実施しており、アイアル少短が保険商品を開発し、SOMPOケアメッセージとSOMPOケアネクストの入居者および利用者へ順次展開していく。
1.背景・経緯
日本では、高齢化の進展によって要支援・要介護認定者数が増加するとともに、公的介護保険制度における介護給付額が増加している。
一方、高齢者の「自分らしい暮らし」の実現に向けた自立、介護度改善の取組みは重要性を増しており、この取組みを推進することは、高齢者の介護サービス利用に関わる自己負担額の削減につながると同時に、介護給付額の抑制にもつながる。
このような状況の中、SOMPOホールディングスグループとアイアル少短は、共同で保険商品の介護予防への貢献に関する研究を実施することについて合意した。研究にあたって、今般アイアル少短は、要支援・要介護者の自立、介護度の改善および給付額の抑制を後押しできる、介護度改善応援保険「明日へのちから」を開発した。
2.介護度改善応援保険 『明日へのちから』の特長
・要支援・要介護状態区分が改善した人へのお祝い金の支払い
公的介護保険制度における要支援・要介護認定を受けている人が、自助努力などによって保険期間中に要支援・要介護状態区分を改善した場合に、所定の金額のお祝い金(介護改善保険金)を支払う。
・要支援1から要介護5の人まで加入可能
本保険は、公的介護保険制度における要支援・要介護認定を受けた人(要支援1から要介護5まで)が、加入できる。
3.今後の展開
アイアル少短は、介護度改善応援保険『明日へのちから』を9月1日からSOMPOケアメッセージとSOMPOケアネクストの入居者および利用者へ順次展開する。
その後、販売状況をふまえ、SOMPOホールディングスグループ以外の介護施設等の入居者および利用者へ提供範囲を拡大することを検討していく。
また、SOMPOホールディングスグループにおいては、本保険を通じて、保険を活用した自立、介護度改善等への寄与について検証し、今後の事業戦略の立案に活用していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン日本興亜と株式会社ナビタイムジャパン、「車載ディスプレイ用ポータブルスマイリングロード」提供開始

損保

SOMPOホールディングス、『本日の一部報道について』の文書を発表

損保

日新火災、自由設計型火災保険『住自在』のインターネット販売を開始

生保

はなさく生命、特定疾病一時給付保険「はなさく一時金」を発売

生保

ニッセイ・ウェルス生命、宮崎銀行を通じ、『悠々時間アドバンス2』を販売開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、「介護認知症保障プラン」を新設してリニューアル

生保

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、指定代理請求人の指定範囲拡大

生保損保

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、インドスタートアップVYMOとAIとモバイルを活用し営業活動高度化に向けた実証実験を開始

生保

住友生命、Vitality健康プログラムにスタートダッシュ特典(リワード)新設

損保

SOMPOホールディングス、アジア太平洋地域の成長戦略、訪日旅行者向け海外旅行保険の新商品「Go JAPAN by TravelJoy」の発売およびデジタル/AIを活用した新たな取組みについて発表