シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜がスマートフォンアプリと連動した新割引『安全運転割引』の導入

損害保険ジャパン日本興亜は、国内初※1となる、運転診断結果に応じて自動車保険料を割引する『安全運転割引』を導入する。また、8月21日から同割引に連動するスマートフォンアプリの提供を開始する。
※1スマートフォンアプリの運転診断機能を活用した保険料割引は、国内の保険会社初となる。
1.『安全運転割引』の概要
(1)対象契約
損保ジャパン日本興亜と新たに締結する自動車保険契約※2で、契約期間の初日が2018年1月1日以降の契約が対象となる。
※2初めて自動車保険に加入する場合とセカンドカーの自動車保険に加入する場合(契約の等級が6(S)等級または7(S)等級の場合)
(2)対象商品
「THE クルマの保険(個人用自動車保険)」および「SGP(一般自動車保険)」(契約自動車が自家用8車種の自動車に限る)
(3)割引の内容
「安全運転割引」適用の流れは以下のとおり。
①スマートフォンアプリ『ポータブルスマイリングロード』をダウンロード
割引適用には、8月21日から提供を開始したバージョンアップ後のアプリ(バージョン4.0.0以降)を利用する必要がある。
②『ポータブルスマイリングロード』で一定期間の「運転診断」を実施
独自のアルゴリズム、データ・クレンジング技術等により、ドライバー本人の走行データであることを特定し、運転特性を分析する。
③運転履歴に基づき算出された割引スコアに応じて、「安全運転割引」として
保険料を割引
割引を得るために必要なデータは、同社が有効と判断した「5日以上かつ10時間以上の走行データ」など、一定の条件が必要となる。
契約期間の初日の10日前時点から過去180日間の走行情報等に基づき、同社が割引スコアを算出する。
(4)割引率
割引スコアに応じて、次の割引率を適用する。
割引スコア80~100点 - 6(S)等級は20%、7(S)等級5%
割引スコア60~79点 - 6(S)等級は12%、7(S)等級3%

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ソニー生命、「保険契約者代理請求人制度に関する特則」「後継年金受取人制度に関する特則」の取扱開始

生保

メットライフ生命、神戸市立高校の家庭科教職員向け金融教育研修を実施

生保

ネオファースト生命、健診結果改善サポートアプリ「Neo コーチ」を提供開始

損保

セゾン自動車火災、NTTドコモのドライブレコーダーと連携した事故対応サービスを終了

生保

大同生命、2025大阪・関西万博に向けて、商都・大坂の魅力を発信

損保

楽天損保、サカイサイクル運営のオンラインショップに自転車保険申込サービスを提供開始

損保

ソニー損保、「24時間365日事故対応サービス」の提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、全国の消防組織にて大規模災害時の被災状況把握に【民間初】

損保

日本生命、「ニッセイ名作シリーズ2023」について、劇団四季を迎え新たな演目の取組みを実施

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、事業者向け事故防止サービス「スマイリングロード」をリニューアル

関連商品